イケハヤさんが高知に住むらしいけど僕はやっぱ恵比寿と中目黒と代官山の真ん中くらいのところに住みたい

公開日: : 最終更新日:2016/08/28 ブロガー , ,


こんばんは、くいしんです。応援してくれる人がひとりでもいるなら私は歌い続けるんだというアイドルのような気持ちです。イケハヤさんは、プロブロガーという、ブログで生計を立てている方です。

イケダハヤトは高知県に移住します。ブログタイトルを変えました→

僕は神奈川の小田原っていう田舎育ちなので、これは完全に「都内に住むだろ」派なんですよね。現在はサザンの地元でおなじみ茅ヶ崎市に住んでますが、夏から秋にかけての時期に都内に出ようかなあと思ってます。

しかも恵比寿と中目黒と代官山の真ん中くらいのところに住もうかなあと。自分に対して厳しくいられる人はなんでもいいんでしょうけど、僕はあまちゃんなんで、周りががんばってたりゴリゴリ仕事してたり何かを追い求めているような人たちじゃないと、すぐにだらけちゃうんですよね。人間は何より環境に左右される。

今日のランチも中目黒だったんですが、近くの席の女性グループがスタートアップ、起業家、今度の新規事業とかなんとか話してたんですけど、そういうほうが楽しくないっすか? シャネルのバッグが並んでるより、MacBook Airが並んでるほうが、自分にとって心地いいんです。

小田原でジャージの兄ちゃんとその彼女のケンカを聞いてるのも悪くないんですけど。いや、悪いか。歩いてるだけで刺激受けるような状況に身を置くほうがいいですね。田舎道を歩いて刺激を受けないようじゃあかんというのもあるけど、受け取れるものの性質が違います。

これってつまるところ、その人自身が、自分の内側に興味があるのか、自分の外側に興味があるのか、だと思うんですよ。僕はやっぱり外側に興味がある。
僕は凡人なので、自分の内側を探る人生に強烈に憧れるんですけど、そういう人間になれないこともよくわかってます。宇宙に行きたい人と、自分の心の中に宇宙を見出せる人、どっちがどうというのはないけど、僕は間違いなく前者で、後者に憧れるってわけです。

東京にいきたい人は自分の外側に世界を見る人。自分がいる場所とか関係ない人は、自分と対峙し続けることができる人。

小説だったら、純文学かエンターテイメントか、でもいい。広告かアートか、とも言えるかもしれない。さんまさんか松本さんかでもいいかもしれない。

なんとなくこの話わかるぞって方は、自分はどっちか教えてください。

僕が好きなのは、稲葉浩志か細野晴臣か、ってやつなんですけどね。

text by @Quishin


関連記事

#今後書こうと思っているリスト

以下、読みまして。自分もつくってみようと思いまして。つくってみたわけでございます。どうも、くいしん(

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑