「怖くないですか?」という問い。

公開日: : 最終更新日:2016/08/28 ライフ


新しいことを始める人に「え、挑戦ですねそれは。怖くないんですか?」という問いってありますよね? これはなんなんだろう。心配じゃないのか聞いてみるっていう。インタビューでも目にするし、事実、そういう風に言っている人を見たこともある。そして、問題なのは、自分もたまに言ってしまっているということ。どうも、くいしん(@Quishin)です。

たぶん言われたほうは、新しい挑戦をしたり、これから何かを始めるぞって人だったりするから、そんなネガティブなこと考えてないし、「は、全然怖くないんですけど」と思うんじゃないかなあと感じてます。だいたいぼくもよく言われたような気がします。高校を卒業して「お笑いやります」って言ったときとか、お笑い辞めて「雑誌編集者になります」って言ったときとか、ライター辞めて「Webつくります」って言ったときとか、です。そうしたときに必ず、「怖くないですか? 今までの経験が無意味になるって心配じゃないですか?」と言われてきた。

何より、「この質問をするのはどういった意味があるのか」ってのがよくわからないですよね。純粋な好奇心でしょうか。人に聞いてしまうことはあったとしても、自分に置き換えてみると、まったくそう思わない。むしろ、挑戦せずに澱んでいってしまうことが怖い。

じゃあ自分はなんでそんな風に聞くんだろう。人間らしさを垣間見たい、という欲求かもしれない。あまり意味がなさそうだ。というわけで今後は一切、「怖くないですか?」という問いはしないことに決めた。どうも、くいしん(@Quishin)でした。読んでくれた方ありがとうございました。ツイッター(@Quishin)はフォローお気軽に!


関連記事

92世代とは。

1992年 生まれる。バブル崩壊 1999年 幼稚園・保育園卒園、小学校入学 200

記事を読む

ツイッターのキュレーションで触れる話題と触れない話題。

それをキュレーションと呼んでいいのかは疑問がなくもないけど、そう言ってもらえることが多いのでここでは

記事を読む

no image

「ここではないどこか」を探していた時代は終わった。

漫画家の山田玲司さんがニコ生で言ってた2015年の総括が面白かった。山田玲司さんは『Bバージン』や『

記事を読む

いい言葉をインターネットと紙に残して死ぬ。

生きる意味など別になくても構わないですが、それでも何故生きるのか、一生懸命仕事をするのかっていうと、

記事を読む

no image

85世代とは。

僕は1985年に生まれました。同学年の人は、3月まででみんな30歳になります。地元へ帰れば、みんな大

記事を読む

no image

「生き方が面白い人」が紹介されてるの見ると、だいたい俺のが面白い生き方だなあって思う。

これ、「何をお前、生意気なことを言ってるんだ」って話ではなくて、「自分のことは、自分がいちばん忠実に

記事を読む

大きい企業にいくか自分のやりたいことをやるか

くいしんです。自分はなぜだか就活目前の学生と話すことが多い。また、こんな適当に生きてきたぼくに対して

記事を読む

重要なのはどこを見てやってるか

もちろん「今、何をやっているか」ってのも重要だと思う。だけど、それと同じくらい「どこを見てやっている

記事を読む

no image

名刺を整理・管理していない。

名刺を整理していないし、管理もしていない。仕事でもそうだし、プライベート?というかプライベートワーク

記事を読む

「好きなことを仕事にする」はコストがかからないし最高です。

ぼくはこれまで高校を卒業してから吉本興業(当時)のNSC東京でお笑い芸人見習いをやったり、音楽雑誌の

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑