下品なことをしてPV稼ぐくらいなら潰したほうがいい。by 大山卓也

公開日: : 最終更新日:2016/10/15 音楽


ちなみにこの「潰したほうがいい」っていうのは、敵を潰すっていう話じゃなくて、「そんなことするくらいならナタリー潰す」という意味です。どうも、くいしん(@Quishin)です。

当時話題になってたけど、知らない人は知らなくったって、いいかもしれないこの話題。僕はこの大山さんが言ってる相手のメディアのことも好きです。ただ、そこにこうやって矜持をぶつける大山さんのことはもっと好きなわけですね。大山さんはたまに矜持という言葉を使う。だから僕は矜持という言葉を凄く好きになって、大切にしている。

誰かも言ってたけど、大山さんはスポンジのような人だ。なんでも吸収する。もっている空気が柔らかい。マジでマシュマロみたいだ。昔、ご挨拶させていただいたことがある。なんというか、こう、道端に咲く一輪の花を誰よりも自然に愛せる人というか。違うか。女と男が道を歩いていて、男が急に女の腕を引っ張り、「え、何々!?」という女に対して、「花、踏んじゃいそうだったからさ」と、言いそうというか。違うか。だいたい花を踏んじゃいそうってこの時代にどこ歩いてるんだ。単に自分がまったくもっていない空気をもっている人に憧れるぞ、っていう話でした。おやすみなさい。くいしん(@Quishin)でした。

なんでこれを書いたかって以下が「ただいま予約受付中です」だから。どうだ、知らなかっただろ!


関連記事

no image

くるりの10曲 – “奇跡”、“Ricochet”、そして“pray”

今回は、くるりの10曲。ふたりから5人になったくるり。くるりというバンドの魅力って、まず一つあるのは

記事を読む

9年連続9回目のフジロックに行ってきた。

いまさらだけど、8月の頭にちょこっと書いていたメモが出てきて「あっ」となり、せっかくなので備忘録がて

記事を読む

no image

渋谷系が偉大である理由とアンダーグラウンド(またはコア層)を抑えなければ「潮流」はつくれないこと。

複数の人に「『1998年の宇多田ヒカル』が面白いよ、読んだほうがいいよ」と言われ、ついに昔からの友人

記事を読む

2015年の聴いて欲しい日本のポップ・ミュージック10曲

知らない曲には「聴いてみて!」、知っている曲には「これ読んだ上でもう一回聴いてみて!」な気分で書いて

記事を読む

Suchmos(サチモス)はなぜ文科系インテリ女子を魅了するのか。

サチモスについて、ちょこちょこツイートしてます。むちゃくちゃカッコいいバンドです。もちろん、その演奏

記事を読む

no image

『PINK』曽我部恵一 – すべての人が春を待つ2011年の夏

暑くてやってられないっすね。こんなに暑くて、梅雨も終わり、もはや夏本番だというのに、こういう春のアル

記事を読む

クリトリック・リスに町あかりからTOKYO HEALTH CLUBまで【最近感動した曲10選】

日本のみ。マジでヤヴァい曲があまりに多いので、10曲ほど見繕ってみました。どうも、くいしん(@Qui

記事を読む

日本のミュージシャンの詩集まとめ7選【邦楽】

こんにちは。 大川です。 日本のミュージシャンの詩集。音にのる前提でつくられた詩を、音無しで

記事を読む

no image

ヨーコが長生きしますように。

こういう映像観ていると、本当に人間としての格の違いを思い知らされる。「Waiting For The

記事を読む

no image

【MV】異国情緒の果て、ここはどこの国?“Rather Be (feat. Jess Glynne)”Clean Bandit

日本のエキゾチズムを国味わう映像として、これほど最適なものはない。 もっと詳しく知りた

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑