下品なことをしてPV稼ぐくらいなら潰したほうがいい。by 大山卓也

公開日: : 最終更新日:2016/10/15 音楽


ちなみにこの「潰したほうがいい」っていうのは、敵を潰すっていう話じゃなくて、「そんなことするくらいならナタリー潰す」という意味です。どうも、くいしん(@Quishin)です。

当時話題になってたけど、知らない人は知らなくったって、いいかもしれないこの話題。僕はこの大山さんが言ってる相手のメディアのことも好きです。ただ、そこにこうやって矜持をぶつける大山さんのことはもっと好きなわけですね。大山さんはたまに矜持という言葉を使う。だから僕は矜持という言葉を凄く好きになって、大切にしている。

誰かも言ってたけど、大山さんはスポンジのような人だ。なんでも吸収する。もっている空気が柔らかい。マジでマシュマロみたいだ。昔、ご挨拶させていただいたことがある。なんというか、こう、道端に咲く一輪の花を誰よりも自然に愛せる人というか。違うか。女と男が道を歩いていて、男が急に女の腕を引っ張り、「え、何々!?」という女に対して、「花、踏んじゃいそうだったからさ」と、言いそうというか。違うか。だいたい花を踏んじゃいそうってこの時代にどこ歩いてるんだ。単に自分がまったくもっていない空気をもっている人に憧れるぞ、っていう話でした。おやすみなさい。くいしん(@Quishin)でした。

なんでこれを書いたかって以下が「ただいま予約受付中です」だから。どうだ、知らなかっただろ!


関連記事

no image

渋谷系が偉大である理由とアンダーグラウンド(またはコア層)を抑えなければ「潮流」はつくれないこと。

複数の人に「『1998年の宇多田ヒカル』が面白いよ、読んだほうがいいよ」と言われ、ついに昔からの友人

記事を読む

M-1でコンビが出てくるときの音楽(SE・出囃子)はFatboy Slimの「Because We Can」だよ。

これ知らない人、結構感動するんじゃないかと思う。

記事を読む

9年連続9回目のフジロックに行ってきた。

いまさらだけど、8月の頭にちょこっと書いていたメモが出てきて「あっ」となり、せっかくなので備忘録がて

記事を読む

日本のミュージシャンの詩集まとめ7選【邦楽】

こんにちは。 大川です。 日本のミュージシャンの詩集。音にのる前提でつくられた詩を、音無しで

記事を読む

フジロックの楽しみさについて

我々にとって、一年は西暦や年度で区切られるのではない。 はたまた、旧暦でもない。 言わず

記事を読む

no image

ジャック・ホワイトのインスト曲”High Ball Stepper”がむちゃくちゃカッコいい。

しびれるなあ。

記事を読む

no image

茅ヶ崎出身!サザンの桑田佳祐が選ぶ2013年邦楽ベスト20

桑田さんがラジオで発表した「2013年邦楽ベスト20」を見つけたので、いまさらですが、昨年を振り返っ

記事を読む

FINLANDS(@Finlands12)の初ワンマンを観に行った。

FINLANDS(@Finlands12)の初ワンマンを観に行った。 ライターとして最近大活躍

記事を読む

no image

「歓喜」とは何か。まだ観てない人は人生損している歓喜の動画3つ

「歓喜! 歓喜!」と言っていた時期がありまして具体的には3年前くらい、震災がある少し前くらいのと

記事を読む

no image

QuishinAllTimeBestAlbums100 – 2013

音楽観っ! 100.『ぱみゅぱみゅレボリューション』きゃりーぱみゅぱみゅ 099.

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑