横山健が語る、これからのレーベル運営術「そもそもレコード会社なんてのは隙間産業なんだ」が面白かった話。

公開日: : 最終更新日:2016/10/03 音楽


横山健が語る、これからのレーベル運営術「そもそもレコード会社なんてのは隙間産業なんだ」
http://realsound.jp/2013/10/cd-1.html

面白い記事。

ビジネス的な意味で、現在の音楽産業の
リアルが映し出されていていい。

ミュージシャンだったら
メジャーにいって自分たちのやりたいことを我慢して
本質的な制作欲求を殺して音楽演るよりも、
YouTubeに映像を配信してお金を稼ぐとか
自分たちを本当に愛してくれている500人の
ファンに、たとえば有料メルマガを買ってもらって
支援してもらって活動するとか。

やりようはいくらでもある時代なんだ
と言えば聞こえはいい。

それをつまらないと取るか
面白いと取るかはその人次第。

それぞれに合ったやり方をつかみ取る
頭の柔らかさが大切。


関連記事

no image

ヨーコが長生きしますように。

こういう映像観ていると、本当に人間としての格の違いを思い知らされる。「Waiting For The

記事を読む

no image

くるりの10曲 – “奇跡”、“Ricochet”、そして“pray”

今回は、くるりの10曲。ふたりから5人になったくるり。くるりというバンドの魅力って、まず一つあるのは

記事を読む

no image

「刺さる動画」を全部見て自分に刺さったものを選んでみた6選

家入さん @hbkr がやってる ドロップアウトという動画メディア。 時間があったときに見てなか

記事を読む

フジロックの楽しみさについて

我々にとって、一年は西暦や年度で区切られるのではない。 はたまた、旧暦でもない。 言わず

記事を読む

no image

渋谷系が偉大である理由とアンダーグラウンド(またはコア層)を抑えなければ「潮流」はつくれないこと。

複数の人に「『1998年の宇多田ヒカル』が面白いよ、読んだほうがいいよ」と言われ、ついに昔からの友人

記事を読む

M-1でコンビが出てくるときの音楽(SE・出囃子)はFatboy Slimの「Because We Can」だよ。

これ知らない人、結構感動するんじゃないかと思う。

記事を読む

no image

音楽系の書き物まとめ

『i-ron』THE VITRIOL http://amzn.to/16WlC7p TH

記事を読む

日本のミュージシャンの詩集まとめ7選【邦楽】

こんにちは。 大川です。 日本のミュージシャンの詩集。音にのる前提でつくられた詩を、音無しで

記事を読む

2015年の聴いて欲しい日本のポップ・ミュージック10曲

知らない曲には「聴いてみて!」、知っている曲には「これ読んだ上でもう一回聴いてみて!」な気分で書いて

記事を読む

クリトリック・リスに町あかりからTOKYO HEALTH CLUBまで【最近感動した曲10選】

日本のみ。マジでヤヴァい曲があまりに多いので、10曲ほど見繕ってみました。どうも、くいしん(@Qui

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑