本をめくったその先に、世界が広がっている。

公開日: : 最終更新日:2016/08/28 恋愛


「私は本を読んでいると、その本の世界に入り込んじゃって、帰ってこられなくなるんじゃないかって思うことがあるの」。これは昔、女友だちが言っていて、すごく感心した言葉です。改めて文字にしてみると「メンヘラじゃね?」とか言われちゃいそうですが、この感覚って素敵ですよね。どうも、くいしん(@Quishin)です。

本をめくったその先に、世界が広がっていると思えるか

本をめくったその先に、世界が広がっていると思えるかって、すごく大切だと思います。こう思えるかどうかが、人間として自らを幸福と思えるかどうか分かつ、と言ってしまってもいいくらい。どういうことかっていうと、本をめくったその先の世界なんか、自分がどう思うかだけじゃないですか。

簡単な言葉で言うとそれは「想像力」ということなんですけど、想像力の先に、ありもしない「素晴らしい世界」があって、泣いたり笑ったりできるなら、それだけで最高だよなあ。何が言いたいかって、結局のところ、冒頭の言葉のようなことを言う女の人が好きなんですよねえ。どうも、くいしん(@Quishin)でした。読んでくれた方ありがとうございました。ツイッター(@Quishin)はフォローお気軽に!


関連記事

no image

「女の口説き方」の本に1万円を出す人はいない。

女の子を口説くのにデートで1万円使う人はいくらでもいるけど、「女を口説く術」の本に1万円を出す人はな

記事を読む

女の子に話しかけるのが怖かったらまずは店員さんに話しかければいい。

先日20代後半の、童貞の友人としゃべってたんですよ。なんかもう言葉にするのも照れるくらいの「え、彼女

記事を読む

ゆるふわなんかもうやめだ。

もう、ゆるふわは止めた。ゆるゆるやっててもしようがない。人間が生きていられるのなんかたかだか100年

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑