2015年の聴いて欲しい日本のポップ・ミュージック10曲

公開日: : 最終更新日:2016/08/28 音楽


知らない曲には「聴いてみて!」、知っている曲には「これ読んだ上でもう一回聴いてみて!」な気分で書いてみました。ランキングは先んじてツイートにて発表済み。こちらはまとめです。

METAFIVEは、リリースされた瞬間から音楽業界で一気に話題になったのはもちろん、カズワタベさんやはせおやさいさんが速効でツイートしていた点からも、如何に、楽曲自体に強度があるか計り知れる。これ絶対に聴いたほうがいいよねえ。。

01.「Don’t Move」METAFIVE

02.「LUV PANDEMIC」TOWA TEI

参照:テイ・トウワが語る、トレンドを超えた音楽の作り方「アンテナが錆びてても必要な電波は入ってくる」|Real Sound|リアルサウンド

これを一本読んでおけばだいたいなんのことだかわかる。

03.「アイノネ」YEN TOWN BAND

04.「さおり、別れよう」クラーク内藤

05.「Week End」星野源

06.「STAR TRAIN」Perfume

07.「もしも運命の人がいるのなら」西野カナ

08.「新宝島」サカナクション

09.「PLAYBACK」JUJU

10.「クレーター」FINLANDS

次点 「私以外私じゃないの」ゲスの極み乙女。

次点 「サマータイムラブ」Shiggy Jr.

そんな感じの2015年でした。

↓「日本のロックって?」ってのはこれ一冊読んでおけば間違いない。


関連記事

no image

渋谷系が偉大である理由とアンダーグラウンド(またはコア層)を抑えなければ「潮流」はつくれないこと。

複数の人に「『1998年の宇多田ヒカル』が面白いよ、読んだほうがいいよ」と言われ、ついに昔からの友人

記事を読む

9年連続9回目のフジロックに行ってきた。

いまさらだけど、8月の頭にちょこっと書いていたメモが出てきて「あっ」となり、せっかくなので備忘録がて

記事を読む

no image

下品なことをしてPV稼ぐくらいなら潰したほうがいい。by 大山卓也

ナタリーに矜持みたいなもんがあるとしたら宇多田ヒカルを悲しませるようなことはしないっていうそれだけ。

記事を読む

FINLANDS(@Finlands12)の初ワンマンを観に行った。

FINLANDS(@Finlands12)の初ワンマンを観に行った。 ライターとして最近大活躍

記事を読む

フジロックの楽しみさについて

我々にとって、一年は西暦や年度で区切られるのではない。 はたまた、旧暦でもない。 言わず

記事を読む

日本における音楽批評Webメディアはどういったものを作ればいいか。

日本を代表する音楽批評雑誌であるロッキング・オンに対して思ったことをツイートしたらたくさんの方が見て

記事を読む

no image

QuishinAllTimeBestAlbums100 – 2013

音楽観っ! 100.『ぱみゅぱみゅレボリューション』きゃりーぱみゅぱみゅ 099.

記事を読む

no image

ヨーコが長生きしますように。

こういう映像観ていると、本当に人間としての格の違いを思い知らされる。「Waiting For The

記事を読む

Suchmos(サチモス)はなぜ文科系インテリ女子を魅了するのか。

サチモスについて、ちょこちょこツイートしてます。むちゃくちゃカッコいいバンドです。もちろん、その演奏

記事を読む

no image

横山健が語る、これからのレーベル運営術「そもそもレコード会社なんてのは隙間産業なんだ」が面白かった話。

横山健が語る、これからのレーベル運営術「そもそもレコード会社なんてのは隙間産業なんだ」 http:

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑