2016年の抱負。

公開日: : 最終更新日:2016/08/28 ライフ


改めて抱負を宣言することはあまりないので、ここではっきり言っておこうと思う。というかもう1月末だ。どうも、くいしん(@Quishin)です。

1.痩せる

身体が重い。現在、身長178cmで体重78kg。重い。もう少し痩せたい。具体的には大好きな牛肉と白飯的なコンボを食べる日数を減らし、湯豆腐を食べる。そう、湯豆腐を食べる。理想は10kg減だけど、リアルに目標達成したいので、一昨年に都内に出てきたときよりも痩せるってことでひとまず72kg台を目標としたい。

2.たくさんブログを書く(発信する)

なんとなくブログをたくさん書こうと思って、そうしている。この話はまた改めて書くことがありそう。なんでかわからないけど、今年は毎日のようにブログやnoteを書いている人がたくさんいる。深津さんの影響だろうか。

僕の場合は基本的には平日毎日書くということにしている。でもこれは、3月末くらいで止めるかも。

3.本をたくさん読む

本をたくさん読みたい。具体的には、50冊くらいは読みたい。月に4冊だとして50冊くらいは読みたい。そんなに読んでないじゃないか、と言われそうだけど、一人暮らしの部屋にテレビを導入した2015年は本当に本を読んでいなかった。

4.ひと月に10回しか飲みにいかない月間をつくる

大抵は、月に13回から16回は飲んでいる。しかもそれは「家でビールを飲んだ」ではなくて、いわゆる居酒屋とかでの「飲み会」または「会食」の話だ。これは凄く意外に思われるんだけど、僕は家でひとりでお酒を飲むということはしない。

ちなみに1月はすでに盛大に失敗している。なんとなくだけど、6月辺りが狙い目なんじゃないかと思う。

5.フェス以外のライブに6回以上いく

ここ数年は、フェスや多数のバンドが出るイベントばかり行っていた。やはり、単独公演にしっかり足を運ぶことで、「あー、俺はこのバンドが好きだ」って思えるというのはある。今のところ、1月のMETAFIVEの恵比寿リキッドルームに行った。あと5回なので、これは達成できそうだ。

抱負が5つもあるなんて充分すぎる

いくつ達成できるかわからないけど、とにかく抱負として宣言してみることが重要なんじゃないかなあって考えた。身の回りの人がこのエントリを読んでくれて、ことあるごとに「あれどうなりました?」「痩せてますか?」って聞いてくれるかもしれない。そうしたら、僕はこう言うだろう。「安心してください、痩せてませんよ」って。どうも、くいしん(@Quishin)でした! 最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました。ツイッター(@Quishin)のフォローはお気軽にどうぞ!


関連記事

大きい企業にいくか自分のやりたいことをやるか

くいしんです。自分はなぜだか就活目前の学生と話すことが多い。また、こんな適当に生きてきたぼくに対して

記事を読む

no image

85世代とは。

僕は1985年に生まれました。同学年の人は、3月まででみんな30歳になります。地元へ帰れば、みんな大

記事を読む

no image

「待つこと」と「生きる速度」

何もかもすぐに手に入ってしまって、翌日配送では遅いから当日配送だ、とかって言うけど、「待つこと」をも

記事を読む

便利なものを使わないという選択と「一般の感覚」を忘れないということ。

ぼくはGoogleChromeプラグインをほとんど使いません。もちろん仕事上必要なときはあって、使う

記事を読む

ツイッターのキュレーションで触れる話題と触れない話題。

それをキュレーションと呼んでいいのかは疑問がなくもないけど、そう言ってもらえることが多いのでここでは

記事を読む

no image

過去の「メモ」が今の自分にアドバイスをくれることがある。

今日は「メモ」の話なんですけど、休日のゆっくりした時間とかがあると、ひたすらメモをまとめる時間をつく

記事を読む

退屈と消費と、恋愛と2015年振り返り6月と7月。

昨日は2015年を5月まで振り返ったので、今日は6月から振り返りたい。 参照:テレビを購入し本

記事を読む

no image

「生き方が面白い人」が紹介されてるの見ると、だいたい俺のが面白い生き方だなあって思う。

これ、「何をお前、生意気なことを言ってるんだ」って話ではなくて、「自分のことは、自分がいちばん忠実に

記事を読む

成功する人や富裕層にはスーパーマザコンが多いっていうけど。

成功する人や富裕層にはスーパーマザコンが多いっていうけど、そりゃそうだよなあ。どうも、くいしん(@Q

記事を読む

任天堂の岩田さんが亡くなったことと死が生を輝かせるという幻想について。

他人の考えをつかまえて「間違っている」と言うのはあまり好きではない。しかし、もしあなたがこのエントリ

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑