「刺さる動画」を全部見て自分に刺さったものを選んでみた6選

公開日: : 最終更新日:2016/10/15 ウェブサービス, 音楽


家入さん @hbkr がやってる
ドロップアウトという動画メディア。
時間があったときに見てなかったものもまとめて
すべてに目を通してみた。

『dropout』は、新しいカタチの「刺さる」動画メディアです。 毎朝1つずつ、思わずドキッとしてしまう動画を紹介していきます。

http://dout.jp

Twitter:@dout_jp

自分が何を考えていて、どんなものが響くのか
ということが、あまりに如実に出てきちゃう。

本当に大事にしているものがなんなのか、
心にフタをしていたとしても
このサイトの動画を見ていると
隠していられなくなる。

自分にとってはそれが
「自然」とか「性」とか「音楽」なんだなあ
と、改めてよくわかった。

完璧な父親はいない。だが、完璧な愛を与えることはできる。
家族。

「人間だから性欲があって当然だと思う」- 全ての人が当たり前に持つ、性の健康と権利
性。

生きながらに記憶だけがなくなっていく切なさがあなたにわかりますか。それはまるで自分以外の周りが消えていく感覚に似てるでしょ。
音楽、家族(“マイハツルア”狐火)。

せっかくだから生きてる意味を振り返ってみた。
仕事。

自然が減っている今。動物達は何を食べていると思いますか?
自然、動物。

俺たちはいつまでも待ってた。来たるべき何かが来ると信じ待ってた。- 不可思議/WONDERBOY
音楽、仲間。

こんな感じ。こういったバイラルメディアの楽しみ方として「自分の心のどこにどう刺さるのか」ということが、たしかめられるということもあるんだなあと思った。


Takuya Ohkawa|Quishin

受託制作、ウェブメディアやECサイトのお手伝いなど
インターネット関連事業のRubus(ルーバス)の代表。
大川卓也は過去にNSC東京10期生として
吉本興業でお笑い芸人をしたり、
渋谷のディスクユニオンで中古レコードを売ったり、
音楽専門誌『MUSICA』で編集者をしたり、してました。

Rubus|ルーバス www.rubus-web.jp
Twitter:twitter.com/Quishin
QuishinCom:www.Quishin.com
blog:BlogBlogBlog


関連記事

no image

イケてないウェブメディアや編集・ライターは不要なのか。

今って、フェスがすごく流行してますよね。いわゆる「夏フェス」とかって呼ばれる音楽イベントで、大きなや

記事を読む

no image

茅ヶ崎出身!サザンの桑田佳祐が選ぶ2013年邦楽ベスト20

桑田さんがラジオで発表した「2013年邦楽ベスト20」を見つけたので、いまさらですが、昨年を振り返っ

記事を読む

クックパッド先生のHTMLソースが凄い。名サービスの会社は人材募集の仕方もイカしてる

チラ見した記事に書いてあったクックパッドのソースコードの件。 見にいってみた。 AA

記事を読む

no image

ジャック・ホワイトのインスト曲”High Ball Stepper”がむちゃくちゃカッコいい。

しびれるなあ。

記事を読む

no image

渋谷系が偉大である理由とアンダーグラウンド(またはコア層)を抑えなければ「潮流」はつくれないこと。

複数の人に「『1998年の宇多田ヒカル』が面白いよ、読んだほうがいいよ」と言われ、ついに昔からの友人

記事を読む

ライザップのブゥーチッブゥーチッって音楽はボーイズ・ノイズの曲だよ。

なんとなく今年の抱負を考えていたら「痩せる」というのが浮かんできたと同時に「RIZAPの曲って、ボー

記事を読む

クリトリック・リスに町あかりからTOKYO HEALTH CLUBまで【最近感動した曲10選】

日本のみ。マジでヤヴァい曲があまりに多いので、10曲ほど見繕ってみました。どうも、くいしん(@Qui

記事を読む

日本のミュージシャンの詩集まとめ7選【邦楽】

こんにちは。 大川です。 日本のミュージシャンの詩集。音にのる前提でつくられた詩を、音無しで

記事を読む

no image

「歓喜」とは何か。まだ観てない人は人生損している歓喜の動画3つ

「歓喜! 歓喜!」と言っていた時期がありまして具体的には3年前くらい、震災がある少し前くらいのと

記事を読む

no image

【MV】異国情緒の果て、ここはどこの国?“Rather Be (feat. Jess Glynne)”Clean Bandit

日本のエキゾチズムを国味わう映像として、これほど最適なものはない。 もっと詳しく知りた

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑