「歓喜」とは何か。まだ観てない人は人生損している歓喜の動画3つ

公開日: : 最終更新日:2016/08/28 自分, インターネット, 音楽



「歓喜! 歓喜!」と言っていた時期がありまして具体的には3年前くらい、震災がある少し前くらいのときによく言っていたわけです。今の日本人が欲している感情って、本当は歓喜なんですよね!?みたいな。悲しいこととか辛い現実はもう、嫌になるくらい知っているから、もういらないんでしょ? そんなことをよく言っていて、セバスチャンXを聴きながらわめいていたことをふと思い出したのでこちらのブログを書きました。僕らくらいの世代の人間って、そこそこの年齢になってから、もうずっと陰鬱とした時代の中で生きているんですよね。世の中暗いし、未来も暗い、たぶんこの先いいことあんまりないよ、みたいな。僕は、そういう風にネガティヴなことばっかり言うのって何が楽しいの?って思っている人と一緒に仕事をしたいとか、話したいっていう想いを強くもっています。ということで、僕にとっては歓喜というのは、陰鬱な雰囲気に打ち勝つ強かさだったりします。

3本の動画を選びました。

Love Distance CF

Sony Bravia (Bouncy Balls)

祝!九州 九州新幹線全線開CM180秒

3つの動画を観ていただいて、実際に観ていただいてなかったとしても、この文章を読んでくれてる方はその3本の動画がどんなものか知っているわけですけど、勘のいい方ならすぐに気付くでしょう。上記3本の動画はすべてCMです。広告なんです。何が言いたいかっつうと、「広告」っていうと何かと嫌われがちだけど、広告も素晴らしい!という場合ってあるよね?ってことです。人々が忌み嫌っているものを「これは嫌いだ」と言って片付けるのではなくて、「これはよい」と思える視点をもつことが、歓喜を生む一番簡単な方法であり、それが世の中の陰鬱な現状を打破する力になるんじゃないかなあと考えます。


関連記事

「スマホ対応」「スマホ対策」って言い方もう止めませんか!?

ホームページをリニューアルするときに、「スマホ対応」という言葉を使うことがあるんです。Twitter

記事を読む

クリトリック・リスに町あかりからTOKYO HEALTH CLUBまで【最近感動した曲10選】

日本のみ。マジでヤヴァい曲があまりに多いので、10曲ほど見繕ってみました。どうも、くいしん(@Qui

記事を読む

【8月から12月】2015年の振り返り。

2015年の振り返り。8月。映画『MADMAX』を観た。今年ベスト映画だ。夏から秋にかけて仕事が比較

記事を読む

no image

「有料メルマガ勢」と「有料note勢」どちらが頭がよく見えますか?

タイトルの通りなんですけど、たぶん、タイトルの意味がわかる人はみんな「そりゃ有料メルマガ勢だよね」っ

記事を読む

【告知】1月23日(土)チェコ好きさんとツイキャスやります!〜日本の批評はまだ生きているか〜

2015年12月某日。インターネットを介したあるアプリ上で、以下のような会話がされました。どうも、く

記事を読む

no image

くるりの10曲 – “奇跡”、“Ricochet”、そして“pray”

今回は、くるりの10曲。ふたりから5人になったくるり。くるりというバンドの魅力って、まず一つあるのは

記事を読む

no image

新しいお仕事、始めました

新しい仕事を自分で始めるに当たって周りの人にいろいろ宣伝したり 自分の想いを話したりしているわけで

記事を読む

no image

『PINK』曽我部恵一 – すべての人が春を待つ2011年の夏

暑くてやってられないっすね。こんなに暑くて、梅雨も終わり、もはや夏本番だというのに、こういう春のアル

記事を読む

no image

フリーの紙のベテラン編集者さんに人材がWebに流れてくるタイミングを聞いた

先日、昔からお世話になっているフリーの編集者大先生と電話で話した。どうも、くいしん(@Quishin

記事を読む

no image

渋谷系が偉大である理由とアンダーグラウンド(またはコア層)を抑えなければ「潮流」はつくれないこと。

複数の人に「『1998年の宇多田ヒカル』が面白いよ、読んだほうがいいよ」と言われ、ついに昔からの友人

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑