2011年に、よく思っていたのは、「全員がダーリンになってほぼ日をやったらいいのに」ということだ。

公開日: : 最終更新日:2016/08/28 糸井さん


2011年に、よく思っていたのは、「全員がダーリンになってほぼ日をやったらいいのに」ということだ。あ、どうも、くいしん(@Quishin)です。

ただ、今となっては、その考え方はnoteというサービスによって99.9%具現化されている。ここから数年は、IT、メディア、出版または編集、これらのスキルのふたつ以上をもっているチームが圧倒的に勝っていく。meryなんかはその中でも群を抜いた存在だ。

Webメディア元年からのWebメディア戦国時代からのWebメディア明治時代だ。明治時代からだんだんと個人の時代がやってくる。今とは比べものにならないくらい、「個人メディア」が強くなっていく。そのプラットフォームとして、WordPressの次に強いのは誰か? たぶんこのままだと少なくとも日本ではnoteになるんじゃないかと思う。

こうして書いてみると、糸井さんと加藤さんの関係は、ある意味、ソクラテスとプラトンみたいだなあ。違うか。

今日も読んでくれたどうもありがとうございました。くいしん(@Quishin)でした。


関連記事

「嫌われない勇気」ハフィントンポストを嫌いな人はいるけどほぼ日嫌いな人っている?

先に言っておくとハフィントンポストはものの例えで、一切出てきません。すみません。「○○のことあんまり

記事を読む

これからの時代→ていねいに、ものをうる

丁寧にものを売るとか丁寧な仕事というのが、今以上にどんどん重要になっていく。どうも、くいしん(@Qu

記事を読む

『SONGS』宇多田ヒカルのときのインタビュアとしての糸井重里

僕は聞き手としての糸井重里のことをてんで考えたことがなくて、糸井さんはいつも僕の中で「書き手」でした

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑