これからの時代→ていねいに、ものをうる

公開日: : 最終更新日:2016/11/23 糸井さん


丁寧にものを売るとか丁寧な仕事というのが、今以上にどんどん重要になっていく。どうも、くいしん(@Quishin)です。世の中どんどん純粋になっていくというのもある。インターネットは「中抜き」だ。間に挟まっていたいらないものをどんどん省いていく。省かれて、純粋になっていく。みんな丸裸だ。正直者がどんどん強くなる。ほぼ日もそうだ。誰よりもていねいに、ものをうっている。メディアもそうだ。「コンテンツファースト」、これは丁寧に届けられる人が勝ちということだ(何度も言うけど、このブログのように言いっぱなしの好き放題はよくない)。他のなんでもない“腕”がどんどんどんどん重要になっていく。ドンジャラ。先日のツイートなんかまさにそれだ。

誰よりもていねいにやるためには誰よりも対象に愛をもってたり、詳しかったり、情熱をもってたり、しないとできない。それがわかっているだけじゃあできないんですよねえ。誰よりも「ていねいに、ものをうる」をやっていきたい。今日も読んでくれた方どうもありがとうございました。くいしん(@Quishin)でした。

もう10年前の本。衝撃だ。。


関連記事

「嫌われない勇気」ハフィントンポストを嫌いな人はいるけどほぼ日嫌いな人っている?

先に言っておくとハフィントンポストはものの例えで、一切出てきません。すみません。「○○のことあんまり

記事を読む

2011年に、よく思っていたのは、「全員がダーリンになってほぼ日をやったらいいのに」ということだ。

2011年に、よく思っていたのは、「全員がダーリンになってほぼ日をやったらいいのに」ということだ。あ

記事を読む

『SONGS』宇多田ヒカルのときのインタビュアとしての糸井重里

僕は聞き手としての糸井重里のことをてんで考えたことがなくて、糸井さんはいつも僕の中で「書き手」でした

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑