今年のハロウィーンの異常な盛り上がりとバイラルの本当の意味

公開日: : 最終更新日:2016/11/23 インターネット


先に結論を言っておくと「バイラルの本当の意味」ってのは、ざっくり言うと「SNSの時代ですな」って話です。ひとつの記事がバイラルじゃなくて、仮装して騒ぐことがバイラルした。バイラルメディアって言葉が少し前に言われてたバイラル・マーケティングの話と言ってもいいかも。

「バイラル」は「感染的な」という意味で、商品の情報が人づてに伝わっていく仕組みをウィルスの感染・増殖に例えている。

参照:バイラルマーケティング 【 viral marketing 】

どうも、くいしん(@Quishin)です。なんだかハロウィーンが凄く盛り上がってて、渋谷や六本木が楽しそうでよかった。ハロウィーンが盛り上がりを見せたのはここ数年。2010年代になってからと言ってもいいかもしれません。前提として、「え、ハロウィーンってそんなに盛り上がってるの?」って感じた方はこちらのデータをぜひ。

ハロウィーンが国民的なイベントになったことは、データ上でも明らかにされている事実のようです。音楽フェスが流行ったのは、その体験をFacebookをはじめとしたSNSで自慢して、それを見てまたいきたい人が出てくるって言説をどこかで読んだ。誰が言い始めたのかは知らないけど、それと似たようなことをぼくは感じたわけです。

そしたら、偶然、シェアハウスのリバ邸等々で有名なコンテクストデザイナーの高木新平さんも同じようなことを言ってた。

感情の共有装置。痺れる言葉が並んでます。クリスマスやバレンタインに比べて、ハロウィーンは誰でも取り込める。男女の色恋の要素がない分、誰でも思う存分はしゃげる。で、「仮装・コスプレ」という非現実・非日常な行いをする結果、それをSNSでシェアしやすい。しかも見る側もいつもとは違う友だちの姿を見ることができて、ツッコミやすいし、笑いやすいし、見ていて楽しい。場合によっては男からしたら女の子かわいい。そりゃ流行るわ、という話。

Webメディア元年とも言われた2014年。その筆頭がバイラルメディアと呼ばれる、SNSで拡散されることを前提としたコンテンツ作りだったわけですが、それをどんなメディアよりも大きな規模でやったのが、ハロウィーンだった。どうも、くいしん(@Quishin)でした。読んでくれた方ありがとうございました。ツイッター(@Quishin)はフォローお気軽に!


関連記事

no image

イケてないウェブメディアや編集・ライターは不要なのか。

今って、フェスがすごく流行してますよね。いわゆる「夏フェス」とかって呼ばれる音楽イベントで、大きなや

記事を読む

チェコさんとのツイキャス後記〜日本の批評はまだ生きているか〜

いやはやとんでもない硬いテーマでしたね。マジで聴いてくれる人が2、3人しかいないんじゃないかとビビッ

記事を読む

【8月から12月】2015年の振り返り。

2015年の振り返り。8月。映画『MADMAX』を観た。今年ベスト映画だ。夏から秋にかけて仕事が比較

記事を読む

『マグロ、釣りました。』VS『会社は学校じゃねぇんだよ』

メモ。入江さんの本、買おう。。 コントラストが面白い。 ネギシクラブ『社長が落ちる接待力』

記事を読む

no image

「本日は、今から6年後 = 2020年の インターネットビジネスについての話をします」

InternetBusiness in 2020 ( Japanese Edition )

記事を読む

WordPressを使って独自ドメインのブログをやるのは変態のやること。

WordPressでブログをやるってなんなんですかね。WordPressでブログなんかやったって、そ

記事を読む

no image

【保存版】糸井重里さん、近ごろのネットをどう思いますか? 働く人とネットの関係性[はてなブックマークニュース]

――糸井さんが最近面白いと思った働き方はありますか? 糸井 ニコニコ動画(ドワンゴ)の川上

記事を読む

テキストによるコミュニケーションの価値が上がったこの10年間。

2016年を迎えたということで、「2015年」のことだけじゃなくて、この10年間のことも書いておきた

記事を読む

「スマホ対応」「スマホ対策」って言い方もう止めませんか!?

ホームページをリニューアルするときに、「スマホ対応」という言葉を使うことがあるんです。Twitter

記事を読む

no image

俺のドメインは俺のドメインのままの見た目でツイートしたいんだ!って話。

BufferとかはてなでツイートするとURLがそのサービスのURLになっちゃうじゃないですか。それっ

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑