キュレーションって単語で考えてみる世界で一番簡単なジャーナリズムの説明

公開日: : 最終更新日:2016/08/28 インターネット


佐々木俊尚さんの『キュレーションの時代』を読んだ頃に「キュレーション」という言葉に感じたことと、今、「キュレーション」という言葉から感じとれることは全然違うなって思った。どうも、くいしん(@Quishin)です。

Amazon:『キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)

これ2011年の本なんですね。驚愕するわ。。ぼくが読んだのは去年だったかと。自分はITちゃんと知っている歴凄く短いんです。2013年に知った、と言っても過言ではないです。

インターネットはまだ若い

Windows95以来、一般家庭にパソコンがあってインターネットに触れる機会が増えたとして、それでもまだ20年くらいのことです。ということは、インターネット上で行われているほとんどのことは「みんなにとって初めて」ということになります。

「インターネットする」という行為は、人間で言ったら、まだ未成年なわけです。「生きる」とか「食う寝る遊ぶ」「住む」なんかとは、比べ物にならないくらい、まだ歴史の浅いものです。

そんな中で、ブログが出てきたり、My Spaceやセカンドライフ、mixi、はてな等々、そしてFacebookやTwitterが出てきたので、みんなが「そこでしていること」にだいたいの場合、明確な名称なんて付いてません。「なんだこれは!」と、発見と驚きの連続です。

それこそTwitterの「公式RT」だって後付けですよね。最初の頃は、今で言う「公式RT」は「QT」だったんじゃないかと記憶してます(違ったら言ってください…)。「非公式RT(=他のユーザーのツイートに自分のツイートをくっつけたもの)」が「RT」でしたよね。

そこで、佐々木俊尚さんのようなITジャーナリストの方が、「これはこういうことだよ。キュレーションって呼ぶよ」ってみんなにわかりやすいように定義付けしてくれること。これが「ジャーナリズム」です。

「ジャーナリズム」と言うと、何かとすぐに「偉そうだ」とか言われがちな気がして、今日はこんな感じでジャーナリズムを説明してみました。「ジャーナリズム」ってそんなに難しいことではなくて、もっと「身近にあるもの」で「考えたこと」だと思うんだよなあ。どうも、くいしん(@Quishin)でした。読んでくれた方ありがとうございました。ツイッター(@Quishin)はフォローお気軽に!


関連記事

WordPressを使って独自ドメインのブログをやるのは変態のやること。

WordPressでブログをやるってなんなんですかね。WordPressでブログなんかやったって、そ

記事を読む

no image

「このサイトの記事はシェアしない」となんとなく思うこと。

新しいウェブのメディアが出てきたとき、またはそれを見つけたとき、「このサイトの記事はシェアしないだろ

記事を読む

当時マイミクだったふたりがTwitterで会話してた。

ぼくはTwitterが好きです。どのSNSよりも、どのWebサービスよりも好きです。一番触っている時

記事を読む

no image

ウェブメディアやブログに特別な思い入れがあるなら今が「ウェブ文化人の時代」だと意識したほうがいい。

ウェブ上で「ライターになりたい」「編集者になりたい」とか「コラムニストになりたい」とかって、どっちが

記事を読む

no image

今年のハロウィーンの異常な盛り上がりとバイラルの本当の意味

先に結論を言っておくと「バイラルの本当の意味」ってのは、ざっくり言うと「SNSの時代ですな」って話で

記事を読む

チェコさんとのツイキャス後記〜日本の批評はまだ生きているか〜

いやはやとんでもない硬いテーマでしたね。マジで聴いてくれる人が2、3人しかいないんじゃないかとビビッ

記事を読む

天井裏書房電子本第一弾『隠居系男子的。』

このブログでも隠居系男子でも何度かお知らせしてきましたがやっと出せました。どうも、くいしん(@Qui

記事を読む

no image

イケてないウェブメディアや編集・ライターは不要なのか。

今って、フェスがすごく流行してますよね。いわゆる「夏フェス」とかって呼ばれる音楽イベントで、大きなや

記事を読む

no image

桐谷ヨウ×鳥井弘文×くいしんツイキャスのアーカイブを公開しました #くいちら

先日、3月5日(土)に第四回目となる桐谷ヨウx鳥井弘文xくいしんツイキャスを行いました。おふたりはそ

記事を読む

no image

ブログやnoteやツイッターで書いたものをなんと呼ぶか。

僕はこれには明確に答えがあって、ブログは「エントリ」、noteは「note(ノート)」、ツイッターは

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑