キュレーションって単語で考えてみる世界で一番簡単なジャーナリズムの説明

公開日: : 最終更新日:2016/08/28 インターネット


佐々木俊尚さんの『キュレーションの時代』を読んだ頃に「キュレーション」という言葉に感じたことと、今、「キュレーション」という言葉から感じとれることは全然違うなって思った。どうも、くいしん(@Quishin)です。

Amazon:『キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)

これ2011年の本なんですね。驚愕するわ。。ぼくが読んだのは去年だったかと。自分はITちゃんと知っている歴凄く短いんです。2013年に知った、と言っても過言ではないです。

インターネットはまだ若い

Windows95以来、一般家庭にパソコンがあってインターネットに触れる機会が増えたとして、それでもまだ20年くらいのことです。ということは、インターネット上で行われているほとんどのことは「みんなにとって初めて」ということになります。

「インターネットする」という行為は、人間で言ったら、まだ未成年なわけです。「生きる」とか「食う寝る遊ぶ」「住む」なんかとは、比べ物にならないくらい、まだ歴史の浅いものです。

そんな中で、ブログが出てきたり、My Spaceやセカンドライフ、mixi、はてな等々、そしてFacebookやTwitterが出てきたので、みんなが「そこでしていること」にだいたいの場合、明確な名称なんて付いてません。「なんだこれは!」と、発見と驚きの連続です。

それこそTwitterの「公式RT」だって後付けですよね。最初の頃は、今で言う「公式RT」は「QT」だったんじゃないかと記憶してます(違ったら言ってください…)。「非公式RT(=他のユーザーのツイートに自分のツイートをくっつけたもの)」が「RT」でしたよね。

そこで、佐々木俊尚さんのようなITジャーナリストの方が、「これはこういうことだよ。キュレーションって呼ぶよ」ってみんなにわかりやすいように定義付けしてくれること。これが「ジャーナリズム」です。

「ジャーナリズム」と言うと、何かとすぐに「偉そうだ」とか言われがちな気がして、今日はこんな感じでジャーナリズムを説明してみました。「ジャーナリズム」ってそんなに難しいことではなくて、もっと「身近にあるもの」で「考えたこと」だと思うんだよなあ。どうも、くいしん(@Quishin)でした。読んでくれた方ありがとうございました。ツイッター(@Quishin)はフォローお気軽に!


関連記事

no image

今年のハロウィーンの異常な盛り上がりとバイラルの本当の意味

先に結論を言っておくと「バイラルの本当の意味」ってのは、ざっくり言うと「SNSの時代ですな」って話で

記事を読む

no image

任天堂の岩田社長のかつてのSCE久夛良木社長のような失敗発言。。

【ビジネスの裏側】ソニー・MSから“周回遅れ”「任天堂」ネット対応の酷さ…“いじめの温床”3DS、“

記事を読む

【8月から12月】2015年の振り返り。

2015年の振り返り。8月。映画『MADMAX』を観た。今年ベスト映画だ。夏から秋にかけて仕事が比較

記事を読む

当時マイミクだったふたりがTwitterで会話してた。

ぼくはTwitterが好きです。どのSNSよりも、どのWebサービスよりも好きです。一番触っている時

記事を読む

no image

「歓喜」とは何か。まだ観てない人は人生損している歓喜の動画3つ

「歓喜! 歓喜!」と言っていた時期がありまして具体的には3年前くらい、震災がある少し前くらいのと

記事を読む

【随時更新】ツイキャスやった日リスト

今後増えるかもしれないので、来るべき未来に向けてまとめてみた。 2015年11月7日(土)

記事を読む

Webサイトに「コンテンツは一晩しか閲覧できない」という制限をかけてみる。 #新月堂

数日前からツイッターで #新月堂 というハッシュタグでいくつかツイートしてきました。これは、本日お披

記事を読む

「スマホ対応」「スマホ対策」って言い方もう止めませんか!?

ホームページをリニューアルするときに、「スマホ対応」という言葉を使うことがあるんです。Twitter

記事を読む

no image

ほぼ日は「もっと批判的に言及されなきゃいけない存在」なのか。

参照:“共感”がWEBメディアをダメにした (※3月23日現在は無料ですが、数日後に有料記事になり

記事を読む

no image

ブログやnoteやツイッターで書いたものをなんと呼ぶか。

僕はこれには明確に答えがあって、ブログは「エントリ」、noteは「note(ノート)」、ツイッターは

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑