日本における音楽批評Webメディアはどういったものを作ればいいか。

公開日: : 最終更新日:2016/08/28 音楽


日本を代表する音楽批評雑誌であるロッキング・オンに対して思ったことをツイートしたらたくさんの方が見ててくれたような気がしたのでブログエントリにまとめます。まず最初にツイートしたのはこちら。

そんなこんな言ってたらブログ隠居系男子の鳥井弘文さんがこんなことを。この方は株式会社Waseiの代表で、自分で灯台もと暮らしというWebメディアを立ち上げながら、コンテンツ制作の責任者である「編集長」という肩書きを他の人に譲るというプロデューサー的な視点をもった方です。そして、さすがのご意見。

個人のブログがそこを補填している

それがこちら。

さらにぼくから。

参照:「上手い素人」と「ヘタなプロ」の違い。

参照:ヘタなプロが上手い素人側に降りてくるまでが、ボーナスタイム。

つまり、ここで鳥井さんが言っているのは、ネットでウケるのは「プロのライター」が書いたものよりも、「素人の一個人」が書いた熱量と思い入れのある文章だよね(意訳)、ということ。で、ツイートしてくれた内容ってのは「じゃあBLOGOSの音楽版やったらいいのでは?」ってこと。これ、本当にそうですよね。それは今、ない。あるとしたらそれに近いのは、音楽大好きクラブですよね。

音楽版BLOGOSという、答え

で、誰がやったらいいのかって、これはいわゆる音楽屋さんやカルチャー屋さん(レコード会社やレーベルや既存のメディア)がやると、そこにもとある思想に偏ってしまうと思うんです。だから、そういったしがらみのないIT企業なんかがやるとやっぱり面白くなりそうだなあ、と。そうなると、やっぱり「みたいなもの」ではなくて、「音楽版BLOGOS」があったら超いいじゃん。

じゃあツイートで言ってることと(むしろ自分以外の方が言っている)何も変わってねえじゃねえか!と怒られそうですが、これはきちんと記憶に留めておいたほうがいいなと思ったのでブログエントリになりました。

そんじゃーね!

どうも、くいしん(@Quishin)でした。読んでくれた方ありがとうございました。ツイッター(@Quishin)はフォローお気軽に!


関連記事

Suchmos(サチモス)はなぜ文科系インテリ女子を魅了するのか。

サチモスについて、ちょこちょこツイートしてます。むちゃくちゃカッコいいバンドです。もちろん、その演奏

記事を読む

FINLANDS(@Finlands12)の初ワンマンを観に行った。

FINLANDS(@Finlands12)の初ワンマンを観に行った。 ライターとして最近大活躍

記事を読む

no image

音楽系の書き物まとめ

『i-ron』THE VITRIOL http://amzn.to/16WlC7p TH

記事を読む

no image

イケてないウェブメディアや編集・ライターは不要なのか。

今って、フェスがすごく流行してますよね。いわゆる「夏フェス」とかって呼ばれる音楽イベントで、大きなや

記事を読む

M-1でコンビが出てくるときの音楽(SE・出囃子)はFatboy Slimの「Because We Can」だよ。

これ知らない人、結構感動するんじゃないかと思う。

記事を読む

no image

【MV】異国情緒の果て、ここはどこの国?“Rather Be (feat. Jess Glynne)”Clean Bandit

日本のエキゾチズムを国味わう映像として、これほど最適なものはない。 もっと詳しく知りた

記事を読む

no image

ヨーコが長生きしますように。

こういう映像観ていると、本当に人間としての格の違いを思い知らされる。「Waiting For The

記事を読む

no image

「刺さる動画」を全部見て自分に刺さったものを選んでみた6選

家入さん @hbkr がやってる ドロップアウトという動画メディア。 時間があったときに見てなか

記事を読む

no image

「歓喜」とは何か。まだ観てない人は人生損している歓喜の動画3つ

「歓喜! 歓喜!」と言っていた時期がありまして具体的には3年前くらい、震災がある少し前くらいのと

記事を読む

no image

横山健が語る、これからのレーベル運営術「そもそもレコード会社なんてのは隙間産業なんだ」が面白かった話。

横山健が語る、これからのレーベル運営術「そもそもレコード会社なんてのは隙間産業なんだ」 http:

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑