日本における音楽批評Webメディアはどういったものを作ればいいか。

公開日: : 最終更新日:2016/08/28 音楽


日本を代表する音楽批評雑誌であるロッキング・オンに対して思ったことをツイートしたらたくさんの方が見ててくれたような気がしたのでブログエントリにまとめます。まず最初にツイートしたのはこちら。

そんなこんな言ってたらブログ隠居系男子の鳥井弘文さんがこんなことを。この方は株式会社Waseiの代表で、自分で灯台もと暮らしというWebメディアを立ち上げながら、コンテンツ制作の責任者である「編集長」という肩書きを他の人に譲るというプロデューサー的な視点をもった方です。そして、さすがのご意見。

個人のブログがそこを補填している

それがこちら。

さらにぼくから。

参照:「上手い素人」と「ヘタなプロ」の違い。

参照:ヘタなプロが上手い素人側に降りてくるまでが、ボーナスタイム。

つまり、ここで鳥井さんが言っているのは、ネットでウケるのは「プロのライター」が書いたものよりも、「素人の一個人」が書いた熱量と思い入れのある文章だよね(意訳)、ということ。で、ツイートしてくれた内容ってのは「じゃあBLOGOSの音楽版やったらいいのでは?」ってこと。これ、本当にそうですよね。それは今、ない。あるとしたらそれに近いのは、音楽大好きクラブですよね。

音楽版BLOGOSという、答え

で、誰がやったらいいのかって、これはいわゆる音楽屋さんやカルチャー屋さん(レコード会社やレーベルや既存のメディア)がやると、そこにもとある思想に偏ってしまうと思うんです。だから、そういったしがらみのないIT企業なんかがやるとやっぱり面白くなりそうだなあ、と。そうなると、やっぱり「みたいなもの」ではなくて、「音楽版BLOGOS」があったら超いいじゃん。

じゃあツイートで言ってることと(むしろ自分以外の方が言っている)何も変わってねえじゃねえか!と怒られそうですが、これはきちんと記憶に留めておいたほうがいいなと思ったのでブログエントリになりました。

そんじゃーね!

どうも、くいしん(@Quishin)でした。読んでくれた方ありがとうございました。ツイッター(@Quishin)はフォローお気軽に!


関連記事

no image

渋谷系が偉大である理由とアンダーグラウンド(またはコア層)を抑えなければ「潮流」はつくれないこと。

複数の人に「『1998年の宇多田ヒカル』が面白いよ、読んだほうがいいよ」と言われ、ついに昔からの友人

記事を読む

M-1でコンビが出てくるときの音楽(SE・出囃子)はFatboy Slimの「Because We Can」だよ。

これ知らない人、結構感動するんじゃないかと思う。

記事を読む

no image

【MV】異国情緒の果て、ここはどこの国?“Rather Be (feat. Jess Glynne)”Clean Bandit

日本のエキゾチズムを国味わう映像として、これほど最適なものはない。 もっと詳しく知りた

記事を読む

no image

ジャック・ホワイトのインスト曲”High Ball Stepper”がむちゃくちゃカッコいい。

しびれるなあ。

記事を読む

フジロックの楽しみさについて

我々にとって、一年は西暦や年度で区切られるのではない。 はたまた、旧暦でもない。 言わず

記事を読む

ライザップのブゥーチッブゥーチッって音楽はボーイズ・ノイズの曲だよ。

なんとなく今年の抱負を考えていたら「痩せる」というのが浮かんできたと同時に「RIZAPの曲って、ボー

記事を読む

no image

下品なことをしてPV稼ぐくらいなら潰したほうがいい。by 大山卓也

ナタリーに矜持みたいなもんがあるとしたら宇多田ヒカルを悲しませるようなことはしないっていうそれだけ。

記事を読む

クリトリック・リスに町あかりからTOKYO HEALTH CLUBまで【最近感動した曲10選】

日本のみ。マジでヤヴァい曲があまりに多いので、10曲ほど見繕ってみました。どうも、くいしん(@Qui

記事を読む

no image

ヨーコが長生きしますように。

こういう映像観ていると、本当に人間としての格の違いを思い知らされる。「Waiting For The

記事を読む

2015年の聴いて欲しい日本のポップ・ミュージック10曲

知らない曲には「聴いてみて!」、知っている曲には「これ読んだ上でもう一回聴いてみて!」な気分で書いて

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑