過去の「メモ」が今の自分にアドバイスをくれることがある。

公開日: : 最終更新日:2016/08/28 ライフ ,


今日は「メモ」の話なんですけど、休日のゆっくりした時間とかがあると、ひたすらメモをまとめる時間をつくるんですよ。別に放置しておいてもまったく問題ないんですけど、ふと、それをやると、なんだか考えが整理されるような気がしてます。どうも、くいしん(@Quishin)です。

頭の中を整理する

これをやると過去の自分が今の自分にアドバイスをくれることがあるんです。たとえば現在何かのプロジェクトを動かしていて、そのヒントが欲しいとき、もちろん本屋に行くとか街に出てアイデアが降ってくるのを待つ、とかって言うじゃないですか。もちろんそれも有効だと思うんですけど、僕の場合は「過去のメモを整理する」をやります。

ざっくばらんに、何も考えずに、一週間前に書いたものから数年前に書いたものと、MacBook Airや手帳なんかを引っ張りだしてきて、メモをまとめ始めるんです。そうすると、それらは自分の頭の中に元々あったものだから、昔覗いたけどずっと放置していた引き出しを開けることになったりして、それによって閃くことがある。

古い手帳を読み返して昔の恋人のことを思い出すなんてことはよくあることのような気がしますが、それのビジネス版みたいなもんです。

点と点を繋いで線にする

これをやることの利点は、単にアイデアが生まれるだけではなくて、「あの頃の自分」と「今の自分」が繋がってアイデアが生まれるということなんです。経験上の話ですが、繰り返しメモを整理していると、過去の点と、今の点が、不思議なほど真っ直ぐに繋がってくることがある。

点と点が繋がることで「この考えは変わってない、自分の芯にあることなんだ」って気づけたり、本当にやるべきことの方向を確かめたりすることができるんだと思います。

そのためには、毎日毎日ひたすらいろんなところにメモを残さなきゃいけないわけで、同時にそれを引っ張りだす記憶力やツールを使う力ってのも同時に必要なわけですが、それは別の話なので機会があったらまたします。どうも、くいしん(@Quishin)でした! 最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました。ツイッター(@Quishin)のフォローはお気軽に!

追伸1
書き終わってどっかで読んだことがありそうな話だなあ、と思ったけど、これかもしれない。
Amazon:嶋浩一郎のアイデアのつくり方 (ディスカヴァー携書)

追伸2
なんなら「本屋にいくとアイデアが生まれる」と言ったのも嶋さんだ。。
Amazon:なぜ本屋に行くとアイデアが生まれるのか(祥伝社新書321)


関連記事

no image

抱負に「達成」という概念はあるのか。

2月の飲酒報告です。1ポイントは「飲み会・会食」、0.5ポイントは「ちょっと飲んだけどちょっとだから

記事を読む

no image

名刺を整理・管理していない。

名刺を整理していないし、管理もしていない。仕事でもそうだし、プライベート?というかプライベートワーク

記事を読む

no image

今の時代にブロガーが輝く3つの理由。新しい生き方! 働き方! 暮らし方!

前段長いです。特にくいしんのことをよく知らない方の場合は、「1」から読んでください。ぼくの中で大きな

記事を読む

no image

ありのままの現状を肯定できないこと。

なんでみんなありのままの自分の現状を肯定できないんだろう。ありのままの現状を肯定したら怒られるような

記事を読む

「これがわたし!」って現状に満足している風を装っていませんか?

「これは無し、これは無し」って、知らず知らずのうちに自分の中から切り捨てていってるものってたくさんあ

記事を読む

仕事終わりでも手ぶらで登場するのをよくツッコまれる。

平日や華金に仕事終わりにお酒を飲みにいくときがあるんですが、そこでだいたいツッコまれるのが「え、手ぶ

記事を読む

人生80年として20年毎に起承転結を分けたら20代は「承」ってのは怖すぎる事実だ。

人生80年として20年毎に起承転結を分けたら20代は「承」ってのは怖すぎる事実だ。でも、仕事人生とし

記事を読む

no image

「生き方が面白い人」が紹介されてるの見ると、だいたい俺のが面白い生き方だなあって思う。

これ、「何をお前、生意気なことを言ってるんだ」って話ではなくて、「自分のことは、自分がいちばん忠実に

記事を読む

no image

たまには「徹底的にひとりになる時間」をつくったほうがいい。

東京という街にいると「あー、誰か空いてないかな。ちょっと一杯だけ飲みに行きたいな」なんてことを思って

記事を読む

部屋は人が住まないで空気を入れ替えないでいると悪くなるのよ

シロガネーゼを意識したタイトル。表題のようなことっていろいろあるよね。なんというか、「よどむな、動い

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑