『隠居系男子的。』に凄くいいコメントをもらった。

公開日: : 最終更新日:2016/08/28


「灯台もと暮らし」というウェブメディアをやってる株式会社Waseiの代表、鳥井弘文さんの本を出しました。

参照:http://amzn.to/1X5qRXz

それについて、飲みの席でたまにお会いする友人がFacebookでコメントしてくれたので掲載させてもらおう(許可もらった)。どうも、くいしん(@Quishin)です。

【迷わず購入、即読了の『隠居男子系的。』】

こういった本が出たってこと自体が、すんごく興味深くないですか……。
直接ブログのURL引っ張って来るところとか、電子本だからこその引用方法なわけで。それをウェブ記事じゃなくて、本として提供してるっておもしろい。最後を鳥井さんが締める構成も含めてさ。
電子書籍は紙の書籍をまんまペカーっと電子媒体に移し替えるだけってなかで、ありあまる実験的な雰囲気含めて、このウェブと本を繋ぎ始めましたよ感。
くいしんさんとは飲みの席でたまにお会いするけど、ちゃんとお話ししたことはなく。ひっそりとブログを熟読させて頂いてるだけなんだけど、ウェブ文化がいよいよ成熟してくるよってガッチガチにいこうぜって投げかけてくる大人が、こんな電子本を販売し出すってロックだなぁと。。

参照:ゆるふわなんかもうやめだ。

彼女は20代前半でこれから紙媒体の会社に就職するという方なんですが、そういう、これからを生きる若い世代の編集者がこうやって、本の意図を汲んでくれるというのは凄く嬉しいことでした。

どこがどう実験的で、何を思ってこういう状態で出したのか、それらはまたこれからちょこちょことこちらのブログにでも書いていこうかなあと思います。

どうも、くいしん(@Quishin)でした! 最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました。ツイッター(@Quishin)のフォローお気軽に!


関連記事

けんすうさんがツイートしてた『スマートサイジング』を読んだ

タイトルにあるけんすうさんというのは、先日、ナタリーと同じタイミングでKDDIが買収した、nanap

記事を読む

#読み終わった本リスト

『夢・出逢い・魔性』森博嗣 『明日を支配するもの』P・F・ドラッカー 『編集者という病』

記事を読む

「紙の質感」もいいけど電子書籍が本に劣るところは何より機能だろ。

ぼくはいまだに本は90%以上紙で読んでます。電子書籍はほとんど読みません。電子書籍でしか売ってないも

記事を読む

文脈を取り戻せ!紙媒体が注目されるたったひとつの理由

なんだか最近TwitterのTLにやたらと雑誌や本の話、もっと言うと紙媒体の話が多いように思う。今年

記事を読む

no image

桐谷ヨウ『仕事ができて、小金もある。でも、恋愛だけは土俵にすら上がれてないんだ、私は。』 を読んで。

僕はそこそこモテるのでいわゆる「恋愛本」は読んだことがない。たぶん、この先もほとんど読まない。なんな

記事を読む

no image

著作一覧

(1) 2016/1/28 『隠居系男子的。〜灯台もと暮らし運営会社Wasei代表の鳥井弘文が初

記事を読む

『火花』Advent Calendar 2015 #読み終わった本リスト

僕はある時期、品川区の西大井に住んでいた。高校を卒業して、吉本興業の養成所であるNSC東京に通ってい

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑