なぜひとりでお酒を飲まないのか。

公開日: : 最終更新日:2016/08/28 自分


知っている人は知っていると思うのですが、僕はお酒を飲むのが好きで、どうがんばっても月に10日は外で飲んでます。ただそれは、ひとりで家で飲むとかはまったくなくて、「外で人と飲む」ということなんです。どうも、くいしん(@Quishin)です。

なぜひとりでお酒を飲まないのか

「あ、俺はひとりではお酒を飲まないんだ」と、ふと思ったのですが、それは、お酒を飲むことはコミュニケーションだと思っているからです(またそれかよ)。

僕は「はたらく」というのは人と人とのコミュニケーションだと思ってます。なぜ、はたらきたいかというと、とにもかくにも「自分が仕事をしたい人と仕事をしたいから」という理由です。

参照:仕事、職業、はたらく会社を選ぶ基準。

矢沢永吉が(あまり詳しいわけではないので名前を出すのは気が引ける)「酒を飲むってときに、酔わないようにするのって意味わかんない。矢沢は、酔うために、酒、飲んでる」って言ってたんですが(意訳)、やはり僕も「酔うために」お酒を飲んでます。で、酔うと、どうなるのか。話が弾むわけです。

話が弾んで、どうなるのか。仲良くなりますよね。つまり、「酔い」はコミュニケーションのために存在しているのです(都合のいいやつだな)。

仕事をすること、「はたらく」こと。そして、仕事が終わって人とお酒を飲みにいくこと。それらがすべてコミュニケーションのためということは、僕はほとんどコミュニケーションのために生きているということだ。人との関わりのために生きている。コミュニケーション自体を生きがいと呼んでもいいような気すらしてくる。

コミュニケーションと関係なさそうなことは

となると、こうやってブログを書くことや、文章を書くこと、何かデスクワークをすることなんかは一見全然「コミュニケーション」とは関係なさそうだ。これはどういうことだろう。

思うにそれらの先にコミュニケーションがあるということなのかもしれない。デスクワークで生まれた資料とかなんらかの成果物は、人に見せるためにある(プレゼンとか)。(僕が書いているほとんどの)文章は、人に読んでもらうためにある。この場合の文章は、読んでもらえなければ、無いこととほとんど変わらない。

こうしてブログを書いていることは、日々、酒のつまみを製造しているようなものだ。今後も、張り切って酒のつまみを製造していきたい。

どうも、くいしん(@Quishin)でした! 最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました!


関連記事

no image

意識を高くもつ

先日ぐだぐだとLINEで人とやりとりしてて思ったんですが、 やはり「目線を上げる。意識を高くもつ」

記事を読む

no image

新しいお仕事、始めました

新しい仕事を自分で始めるに当たって周りの人にいろいろ宣伝したり 自分の想いを話したりしているわけで

記事を読む

no image

本日は1月29日です。

これは、1月29日にそのほとんどを書いて、同30日に初めて、ネット上にアップした文章です。 ---

記事を読む

no image

「こうなりたい」という想いを明確にして表明すること。

こうなりたい、あの人みたいになりたい、って言ってしまうのは、いいところも悪いところもある。やりかたに

記事を読む

昨日は父の日か。父の日だったから父について少し書こう。

父の日だったから父について少し書こう。父とゆっくりしゃべったことは少ないが、父について書きたいことは

記事を読む

no image

クイシンコムの『じっかい』

1.如何なる状況下においても、生に対し、絶対的な歓喜をもつこと。 2.面白くあること。 3.面白

記事を読む

no image

急にトマトが好きになったことと目がよくなった話。

なんだか怖い。急にトマトが好きになった。好きになった、と言うからには今までは好きじゃなかった。苦手だ

記事を読む

no image

こっそり寄稿していたnomooo pressの記事10

10記事。 一気飲みだけじゃない!最近話題のテキーラ! 果たしてぬるいビールは本当に美味

記事を読む

no image

自己紹介【2014年1月版】

最近、ありがたいことに「お前誰やねん」とか「何をやっている人で何をやってきた人なのか」ということを聞

記事を読む

no image

「歓喜」とは何か。まだ観てない人は人生損している歓喜の動画3つ

「歓喜! 歓喜!」と言っていた時期がありまして具体的には3年前くらい、震災がある少し前くらいのと

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑