仕事、職業、はたらく会社を選ぶ基準。

公開日: : 最終更新日:2016/08/28 お仕事


初めて就職した出版社が元々一番入りたい会社で、周りの仲間には編集を志した当初から「あの会社が第一志望で、狙いを定めてるよ」と話してました。当時の自分にとってはその会社はGoogleよりもAppleよりも小学館よりも電通よりも入りたい会社だったんです(いや、なんでこのラインナップなんだろ)。どうも、くいしん(@Quishin)です。

もちろん、重要なのは入りたい会社に入れること、それ自体ではなくて、そこで何をしたいのか、何をやるのか、何を成したいのかってことです。それは前提。ただ、その上で、ここの会社に入りたい!と考えて、入れることって凄いことだよなあってふと思いました。いや、自分が凄いって話ではなくて、そういう機会に恵まれたってのは、本当によかったなあ、と。前段終了。

「誰とやるか」がどんどん重要になってきた

そういう経験をさせてもらったからこそなのか、自分はいつからか、「何をやるか」をあまり考えなくなりました。いまWebディレクターで、言ってしまえばそれは「何をやる」ってのがいまいち決まってない、「いろいろやる仕事」です。だからこそ、誰とやるかというのがだんだん重要な指標になってきたわけです。

「はたらく」をお金と捉える人は「何をやるか」を気にする。たとえば「とにかく楽をしたい」とか「そんなにがむちゃらにがんばるとかやだ」「こういう仕事は面倒だからやりたくない」というのは、お金がゴールだから。

僕は「はたらく」というのは人と人とのコミュニケーションだと思ってます。なぜ、はたらきたいかというと、とにもかくにも「自分が仕事をしたい人と仕事をしたいから」という理由です。

これは蛇足ですが「貯金が3億あったら南国でだらだら過ごしたい」というのは、貧乏だなって感じます。発想が貧困、ってやつです。はたらいたほうが、絶対に楽しいですよ。

もう僕は、なってみたい職業には一通りなってしまって、経験してみたい仕事はやってしまって、それこそWebディレクションとライティングをやれば、独立してそれなりに生活することも選択できるだろうけど(もちろんそれをやり続けることは凄く難しい)、だからこそ、誰とやるかしかないんです。誰とやるか。

どうも、くいしん(@Quishin)でした! 最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました!

追伸1
「はたらく」というコミュニケーションの先には何があるのか?という疑問もあるともちろんあると思います。

追伸2
美味しいお酒です。

追伸3
「入りたい会社」もたくさんあるし、「やりたいこと」もたくさんある、と思えるのは幸せなことだなあ、と思う。それらがあるかないかってのは自分次第なんだけど。


関連記事

no image

「挫折」について語られることは多いけどそれは本当は「喪失」のこと。

「何に挫折したか、どこでどうやって挫折したか」またはよく面接なんかで重要だと言われる「その挫折をどう

記事を読む

no image

こっそり寄稿していたnomooo pressの記事10

10記事。 一気飲みだけじゃない!最近話題のテキーラ! 果たしてぬるいビールは本当に美味

記事を読む

no image

ライブの主役はミュージシャンだけどフェスの主役は来場者。

ライブってのは音楽イベントの話です。ライブの主役は、ミュージシャン。開演前、お客さんであるオーディエ

記事を読む

早くやる/自分で勝手に選べ/多種多様

早くやる いますぐにやるか、死ぬかしかない。僕は本当にワガママに、今自分がもっともやりたいこと

記事を読む

no image

秋元康に学ぶ「続けること」が圧倒的に重要なのは、タイミングが合う瞬間が絶対に訪れるから。

タイトルは敬称略。「何かを毎日続けること」って、すごく難しいけど、それだけ重要なんですよね。どうも、

記事を読む

by U-NOTE【ユーノート】高収入者に共通する3つの生活習慣について書きました。

高収入者に共通する3つの生活習慣 U-NOTE【ユーノート】 http://u-note.me/

記事を読む

「カウンターカルチャー」ってなんだか知ってる?

さっきこんなツイートしてまして。 カウンターカルチャーって単語が出てきた。気になるワードを放り

記事を読む

「コント社会人」という感覚。

「人生は大喜利だ」というのはぼくが言った名言ですが(猛爆)、「コント社会人」という感覚ってありません

記事を読む

no image

会社員とフリーランスどちらが偉いか。あらゆる境界が曖昧に

このエントリは、これからの時代は「どっちがいいか」って話はあんまり重要ではなくなっていくよね、ってい

記事を読む

「夢を与える」と同じくらい「夢を諦めさせる」は重要。

漫才の大会でM-1グランプリというのがあるんですが、最初の10年の主催者である島田紳助さんは

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑