どうしても現金がないときに現金をなんとか捻出する方法3選。

公開日: : 最終更新日:2016/08/28 ライフハック


生きていると「どうしても現金がないとき」があると思う。給料日まで数日、一週間、財布には1,000円。貯金はゼロ。または、「この先数ヶ月生活するお金をなんとかつくらなくてはならない」というとき。そんなとき、犯罪ではなく現金をなんとか捻出する方法をお教えしたい。どうも、くいしん(@Quishin)です。

なるべく大人数で飲み会をして自分のクレジットカードで払う

獲得想定金額:数万円

クレジットカードさえ持っていれば可能。合言葉は「たまにはちょっといい店行きませんか!?」だ。ひとり頭、確実に5,000円以上になるお店を選びたい。ただ、酔っ払いすぎて、翌朝お財布を見て喜んでパーッと使ってしまわないように注意したい。

部屋にある高く買ったものを売る

獲得想定金額:数千円〜数万円

最も手軽で、かつ誰にでもできそうな方法。コツはこれから必要だとか不要だとかではなくて「とにかく高く買ったものを売る」と割りきってしまうことだ。お金がないんだから仕方がない。たとえば、お財布とかアクセサリーとか腕時計があればそれを。なければ、テレビとか冷蔵庫とか。「いやいや売れるものとかないです!」という人だって、数万円で買ったものくらいは大抵部屋にあるはずだ。それを売って数千円をつくる。

車をフルローンで買って、納車直後に売る

獲得想定金額:数十万〜数百万円

高ければ高いほうが手元の現金は増える。できる限りいい車を買うんだ。どうせなら2、3回乗ってから売ってもいいかもしれない。せっかく買ったんだし。ここまで書いて思ったけど、これは合法なんだろうか。微妙だ。自己責任でお願いしたい。

最後に

これらはいずれも借金だ。日本の、特に男は「借金はいやだ」という人が多いけど、正しく借金することで生活(手元の現金)にバッファをもたせることができる。昔、小学校の先生が「うちはクレジットカードを使ってね、月末になるとね、数万くらいキャッシングするんですよ。少額ならね、便利なんですよ」って言ってて衝撃だったのをよく覚えていたけど、今はそれに対しての偏見もなくなった。

ご利用は計画的に。どうも、くいしん(@Quishin)でした! 最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました!

追伸1
安心してください、現状、私はお金あります。


関連記事

お金を落としていたわけでも特に気にしていたわけでもないのに、なくなったらなくなったで寂しい。人間の心って贅沢だよなあ。

喫茶店や定食屋さんが潰れたりすると、あーなくなっちゃうのかあ、寂しいなあとかなんとか言う人いますよね

記事を読む

幸運な人はそこにある花を綺麗だなと思えるし、月を見たときに美しいなと思える。

「ポジティブを育てる」のは本当に難しい。幸運な人は自分のところにチャンスが転がりこんできたときに、こ

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑