ブログやnoteやツイッターで書いたものをなんと呼ぶか。

公開日: : 最終更新日:2016/08/28 インターネット


僕はこれには明確に答えがあって、ブログは「エントリ」、noteは「note(ノート)」、ツイッターは「ツイート」じゃないですか。ブログは「エントリ」、ウェブメディアは「記事」なんです。ブログで書いたものは「記事」とは思ってない。どうも、くいしん(@Quishin)です。

ふと、昨年の年の暮れのツイートを思い出した。やっぱり、noteは「note」でしかない。「noteのエントリ」とかってしっくりこない。はてなやライブドアでブログを書くことは「ブログを書く」であって、noteで書くことはそれとはちょっと違う。それはあくまで「noteを書く」という体験なんです

つまり、それはどういうことか。

新しい文化をつくるということ

です。こうやって呼び名が変わるというのは、今までになかった新体験であることを、その呼び名が示してるんです。映画『ソーシャル・ネットワーク』で「Facebookする」という表現が出てきますが、まさにSNSなんかもそういうことです。「mixiの日記を書く」というのは、それまでにあった紙に日記を書くという体験を更新させました。「インターネットの日記に書く」ということを、多くの人に自身の行動として体験させたんです。

だからこそ、noteもそれと同じように、書き手または読み手に、今までになかった新しい感覚で文章を書く/読む体験をさせているんだなあ、と改めて今思ったのでした。

どうも、くいしん(@Quishin)でした! 最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました!


関連記事

【随時更新】ツイキャスやった日リスト

今後増えるかもしれないので、来るべき未来に向けてまとめてみた。 2015年11月7日(土)

記事を読む

チェコさんとのツイキャス後記〜日本の批評はまだ生きているか〜

いやはやとんでもない硬いテーマでしたね。マジで聴いてくれる人が2、3人しかいないんじゃないかとビビッ

記事を読む

no image

ほぼ日は「もっと批判的に言及されなきゃいけない存在」なのか。

参照:“共感”がWEBメディアをダメにした (※3月23日現在は無料ですが、数日後に有料記事になり

記事を読む

no image

「本日は、今から6年後 = 2020年の インターネットビジネスについての話をします」

InternetBusiness in 2020 ( Japanese Edition )

記事を読む

no image

桐谷ヨウ×鳥井弘文×くいしんツイキャスのアーカイブを公開しました #くいちら

先日、3月5日(土)に第四回目となる桐谷ヨウx鳥井弘文xくいしんツイキャスを行いました。おふたりはそ

記事を読む

no image

今年のハロウィーンの異常な盛り上がりとバイラルの本当の意味

先に結論を言っておくと「バイラルの本当の意味」ってのは、ざっくり言うと「SNSの時代ですな」って話で

記事を読む

no image

「このサイトの記事はシェアしない」となんとなく思うこと。

新しいウェブのメディアが出てきたとき、またはそれを見つけたとき、「このサイトの記事はシェアしないだろ

記事を読む

WordPressを使って独自ドメインのブログをやるのは変態のやること。

WordPressでブログをやるってなんなんですかね。WordPressでブログなんかやったって、そ

記事を読む

インターネットに対する根源的にいやなこと #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け

表題の件、「2015年、ウェブメディア界新卒最高峰の男」こと、しもつーこと下津曲浩さんよりバトンを受

記事を読む

当時マイミクだったふたりがTwitterで会話してた。

ぼくはTwitterが好きです。どのSNSよりも、どのWebサービスよりも好きです。一番触っている時

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑