ブログやnoteやツイッターで書いたものをなんと呼ぶか。

公開日: : 最終更新日:2016/08/28 インターネット


僕はこれには明確に答えがあって、ブログは「エントリ」、noteは「note(ノート)」、ツイッターは「ツイート」じゃないですか。ブログは「エントリ」、ウェブメディアは「記事」なんです。ブログで書いたものは「記事」とは思ってない。どうも、くいしん(@Quishin)です。

ふと、昨年の年の暮れのツイートを思い出した。やっぱり、noteは「note」でしかない。「noteのエントリ」とかってしっくりこない。はてなやライブドアでブログを書くことは「ブログを書く」であって、noteで書くことはそれとはちょっと違う。それはあくまで「noteを書く」という体験なんです

つまり、それはどういうことか。

新しい文化をつくるということ

です。こうやって呼び名が変わるというのは、今までになかった新体験であることを、その呼び名が示してるんです。映画『ソーシャル・ネットワーク』で「Facebookする」という表現が出てきますが、まさにSNSなんかもそういうことです。「mixiの日記を書く」というのは、それまでにあった紙に日記を書くという体験を更新させました。「インターネットの日記に書く」ということを、多くの人に自身の行動として体験させたんです。

だからこそ、noteもそれと同じように、書き手または読み手に、今までになかった新しい感覚で文章を書く/読む体験をさせているんだなあ、と改めて今思ったのでした。

どうも、くいしん(@Quishin)でした! 最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました!


関連記事

【8月から12月】2015年の振り返り。

2015年の振り返り。8月。映画『MADMAX』を観た。今年ベスト映画だ。夏から秋にかけて仕事が比較

記事を読む

no image

イケてないウェブメディアや編集・ライターは不要なのか。

今って、フェスがすごく流行してますよね。いわゆる「夏フェス」とかって呼ばれる音楽イベントで、大きなや

記事を読む

「スマホ対応」「スマホ対策」って言い方もう止めませんか!?

ホームページをリニューアルするときに、「スマホ対応」という言葉を使うことがあるんです。Twitter

記事を読む

【随時更新】ツイキャスやった日リスト

今後増えるかもしれないので、来るべき未来に向けてまとめてみた。 2015年11月7日(土)

記事を読む

当時マイミクだったふたりがTwitterで会話してた。

ぼくはTwitterが好きです。どのSNSよりも、どのWebサービスよりも好きです。一番触っている時

記事を読む

no image

フリーの紙のベテラン編集者さんに人材がWebに流れてくるタイミングを聞いた

先日、昔からお世話になっているフリーの編集者大先生と電話で話した。どうも、くいしん(@Quishin

記事を読む

no image

【保存版】糸井重里さん、近ごろのネットをどう思いますか? 働く人とネットの関係性[はてなブックマークニュース]

――糸井さんが最近面白いと思った働き方はありますか? 糸井 ニコニコ動画(ドワンゴ)の川上

記事を読む

『マグロ、釣りました。』VS『会社は学校じゃねぇんだよ』

メモ。入江さんの本、買おう。。 コントラストが面白い。 ネギシクラブ『社長が落ちる接待力』

記事を読む

no image

「このサイトの記事はシェアしない」となんとなく思うこと。

新しいウェブのメディアが出てきたとき、またはそれを見つけたとき、「このサイトの記事はシェアしないだろ

記事を読む

no image

「歓喜」とは何か。まだ観てない人は人生損している歓喜の動画3つ

「歓喜! 歓喜!」と言っていた時期がありまして具体的には3年前くらい、震災がある少し前くらいのと

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑