ブログやnoteやツイッターで書いたものをなんと呼ぶか。

公開日: : 最終更新日:2016/08/28 インターネット


僕はこれには明確に答えがあって、ブログは「エントリ」、noteは「note(ノート)」、ツイッターは「ツイート」じゃないですか。ブログは「エントリ」、ウェブメディアは「記事」なんです。ブログで書いたものは「記事」とは思ってない。どうも、くいしん(@Quishin)です。

ふと、昨年の年の暮れのツイートを思い出した。やっぱり、noteは「note」でしかない。「noteのエントリ」とかってしっくりこない。はてなやライブドアでブログを書くことは「ブログを書く」であって、noteで書くことはそれとはちょっと違う。それはあくまで「noteを書く」という体験なんです

つまり、それはどういうことか。

新しい文化をつくるということ

です。こうやって呼び名が変わるというのは、今までになかった新体験であることを、その呼び名が示してるんです。映画『ソーシャル・ネットワーク』で「Facebookする」という表現が出てきますが、まさにSNSなんかもそういうことです。「mixiの日記を書く」というのは、それまでにあった紙に日記を書くという体験を更新させました。「インターネットの日記に書く」ということを、多くの人に自身の行動として体験させたんです。

だからこそ、noteもそれと同じように、書き手または読み手に、今までになかった新しい感覚で文章を書く/読む体験をさせているんだなあ、と改めて今思ったのでした。

どうも、くいしん(@Quishin)でした! 最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました!


関連記事

天井裏書房電子本第一弾『隠居系男子的。』

このブログでも隠居系男子でも何度かお知らせしてきましたがやっと出せました。どうも、くいしん(@Qui

記事を読む

【随時更新】ツイキャスやった日リスト

今後増えるかもしれないので、来るべき未来に向けてまとめてみた。 2015年11月7日(土)

記事を読む

インターネットに対する根源的にいやなこと #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け

表題の件、「2015年、ウェブメディア界新卒最高峰の男」こと、しもつーこと下津曲浩さんよりバトンを受

記事を読む

「スマホ対応」「スマホ対策」って言い方もう止めませんか!?

ホームページをリニューアルするときに、「スマホ対応」という言葉を使うことがあるんです。Twitter

記事を読む

テキストによるコミュニケーションの価値が上がったこの10年間。

2016年を迎えたということで、「2015年」のことだけじゃなくて、この10年間のことも書いておきた

記事を読む

no image

「歓喜」とは何か。まだ観てない人は人生損している歓喜の動画3つ

「歓喜! 歓喜!」と言っていた時期がありまして具体的には3年前くらい、震災がある少し前くらいのと

記事を読む

no image

ほぼ日は「もっと批判的に言及されなきゃいけない存在」なのか。

参照:“共感”がWEBメディアをダメにした (※3月23日現在は無料ですが、数日後に有料記事になり

記事を読む

no image

「このサイトの記事はシェアしない」となんとなく思うこと。

新しいウェブのメディアが出てきたとき、またはそれを見つけたとき、「このサイトの記事はシェアしないだろ

記事を読む

『マグロ、釣りました。』VS『会社は学校じゃねぇんだよ』

メモ。入江さんの本、買おう。。 コントラストが面白い。 ネギシクラブ『社長が落ちる接待力』

記事を読む

no image

キュレーションって単語で考えてみる世界で一番簡単なジャーナリズムの説明

佐々木俊尚さんの『キュレーションの時代』を読んだ頃に「キュレーション」という言葉に感じたことと、今、

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑