ほぼ日は「もっと批判的に言及されなきゃいけない存在」なのか。

公開日: : 最終更新日:2016/08/28 インターネット


参照:“共感”がWEBメディアをダメにした
(※3月23日現在は無料ですが、数日後に有料記事になります)

まずこちら読んでくださいね。これの話です。どうも、くいしん(@Quishin)です。

バンドの客が気に食わない

これは、バンドなんかでよく言う話と同じだと思うんですよ。音楽ファンがよく言う話で「セカオワのファンは嫌い」とか「バンプのファンはメンヘラばかりでイヤだ」とかってのがあるんですが、それに近いことなんじゃないかなあ、と。バンド自体やその音楽が嫌いなわけじゃないけど、取り巻くファンがなんだか気に入らない、という話。

というわけで、ここでは先の記事を「取り巻き(フォロワー)が腹立つ」という話だとして、これ、ぶっちゃけた話、僕もちょっとだけ思います。

ここ数年のほぼ日の評価

急にここ数年、『インターネット的』の文庫化や東京糸井重里事務所の上場準備とかあって「ほぼ日再評価」が加速して、ウェブやそのメディアに関わる多くの人が「糸井さんはインターネットメディア界のスーパースター! この方の言うことは間違いない!」という風潮に一気に傾いたんですよね。まさに「一辺倒」って感じです。

僕からしたら「そんなことずっと知ってたよ!」という気持ちもあり、「おいしい生活/成り上がり/MOTHER2/ほぼ日」くらいしか知らないウェブ人?の「糸井重里評」に対して、「なんだよそれ」という気持ちになったことも少なくない、というのが正直なところです。その上で、もちろんほぼ日が唯一の正解では全然ないよね、くらいの視点も持てないっていうのはどうなんだろうか、と。

で、この記事は編集が巧みなので気づきにくいかもしれませんが、途中から「ウェブ的(ほぼ日的)話法」でもなんでもない話に転がっているんです。武田砂鉄さんが自著でBunkamuraドゥマゴ文学賞をとって、授賞式の前に選考委員の藤原新也さんと対談し、ある出版人に「受賞させてくれた人に対立する意見を言うのはどうなんだろう」と苦言を呈された、という。

これは「ある出版人」の話で、ウェブの話でもなんでもない。単に「共感と同意が最重要とされてしまう社会」に対する意見です。つまり、タイトルはあくまで釣りで、「共感と同意が最重要とされてしまう社会」に対する批評というわけです。

そしてそれはたしかに、今の世の中に「退屈さ」があるとしたら、その正体のひとつだよなあと深く頷いたわけです。

どうも、くいしん(@Quishin)でした! 最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました!

追伸1
とはいえ、批評というか、「苦言を呈する」ってなことも、それ以上に退屈なんだよなあ。


関連記事

チェコさんとのツイキャス後記〜日本の批評はまだ生きているか〜

いやはやとんでもない硬いテーマでしたね。マジで聴いてくれる人が2、3人しかいないんじゃないかとビビッ

記事を読む

no image

俺のドメインは俺のドメインのままの見た目でツイートしたいんだ!って話。

BufferとかはてなでツイートするとURLがそのサービスのURLになっちゃうじゃないですか。それっ

記事を読む

『マグロ、釣りました。』VS『会社は学校じゃねぇんだよ』

メモ。入江さんの本、買おう。。 コントラストが面白い。 ネギシクラブ『社長が落ちる接待力』

記事を読む

no image

ウェブメディアやブログに特別な思い入れがあるなら今が「ウェブ文化人の時代」だと意識したほうがいい。

ウェブ上で「ライターになりたい」「編集者になりたい」とか「コラムニストになりたい」とかって、どっちが

記事を読む

Webサイトに「コンテンツは一晩しか閲覧できない」という制限をかけてみる。 #新月堂

数日前からツイッターで #新月堂 というハッシュタグでいくつかツイートしてきました。これは、本日お披

記事を読む

テキストによるコミュニケーションの価値が上がったこの10年間。

2016年を迎えたということで、「2015年」のことだけじゃなくて、この10年間のことも書いておきた

記事を読む

no image

「歓喜」とは何か。まだ観てない人は人生損している歓喜の動画3つ

「歓喜! 歓喜!」と言っていた時期がありまして具体的には3年前くらい、震災がある少し前くらいのと

記事を読む

no image

「本日は、今から6年後 = 2020年の インターネットビジネスについての話をします」

InternetBusiness in 2020 ( Japanese Edition )

記事を読む

no image

今年のハロウィーンの異常な盛り上がりとバイラルの本当の意味

先に結論を言っておくと「バイラルの本当の意味」ってのは、ざっくり言うと「SNSの時代ですな」って話で

記事を読む

【8月から12月】2015年の振り返り。

2015年の振り返り。8月。映画『MADMAX』を観た。今年ベスト映画だ。夏から秋にかけて仕事が比較

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑