イケてないウェブメディアや編集・ライターは不要なのか。

公開日: : 最終更新日:2016/08/28 インターネット, 音楽


今って、フェスがすごく流行してますよね。いわゆる「夏フェス」とかって呼ばれる音楽イベントで、大きなやつだと集客は数日間で十万人を超えます。で、これがここ数年爆発的に流行して音楽ファンだけではない一般層に広まったのって、SNSの影響だって言われてるんです。ハロウィーンとフェス。これらが、Facebookに写真をシェアして、リア充アピールできるツールの二大巨頭なんです。どうも、くいしん(@Quishin)です。

今のフェスの隆盛があるのは日本中にたくさんのライブハウスがあったから

その存在感を加速させたのはSNSの影響も大きいんですが、元をたどると、当たり前の話だけど「日本各地にたくさんのライブハウスがあること」が大きいです。さらに、高校には軽音楽部、大学には軽音サークルがあって、たくさんの人がバンドやったり、ライブやったりする。

「楽器を演奏すること、それを見せること、その場所があること」が文化として根付いてるんです。そこでは全員が全員、「ラルクアンシエルになる!!!」なんてことを思ってなくてもいいんです。みんな「ただモテたい」とか「ギターを弾きたいから」という理由で音楽・バンドをやってるんです。ここが、実はその業界にとってすごい重要だと思うんですね。

そういう人たちがたくさんいたからこそ、「音楽文化・ライブ文化」の下支えになるんです。ライブハウスやクラブに行くと「音楽とかやってたんですか?」なんて話になることも多いけど、やはり多くの人が多かれ少なかれ音楽をやった経験がある場合が、すごく多いんです。

そういう人たちがたくさんいたからこそ、ライブハウスがたくさんあって、フェスが儲かって、今のようなビッグビジネスになっていくことができたんです。

イケてないウェブメディアや編集・ライター

そうやって考えてると、業界に貢献してないように見えるウェブ編集者さんやライターさんをただ名乗ってるだけのような人がたくさんいるとしても、「全体が盛り上がるからね〜」って話になりませんか?「クソバイラルメディアくたばれ!」っていう声が多くあっても、「全体が盛り上がるからね〜」っていう話になりませんか?

もちろんその業界が、外に広く信頼されるためにそういった主張が必要というのもわかるんですが、僕は、「関わっている人が多いほうがいい」を再優先に考えちゃいます。だって、そのほうが、前述してきた通り、「全体が盛り上がる」ってことにつながると考えているからです。

まずは、全体が盛り上がらないと、どんな物事も、大きなムーブメントにはなってはいかないわけです。

どうも、くいしん(@Quishin)でした! 最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました!


関連記事

FINLANDS(@Finlands12)の初ワンマンを観に行った。

FINLANDS(@Finlands12)の初ワンマンを観に行った。 ライターとして最近大活躍

記事を読む

【8月から12月】2015年の振り返り。

2015年の振り返り。8月。映画『MADMAX』を観た。今年ベスト映画だ。夏から秋にかけて仕事が比較

記事を読む

「スマホ対応」「スマホ対策」って言い方もう止めませんか!?

ホームページをリニューアルするときに、「スマホ対応」という言葉を使うことがあるんです。Twitter

記事を読む

no image

今年のハロウィーンの異常な盛り上がりとバイラルの本当の意味

先に結論を言っておくと「バイラルの本当の意味」ってのは、ざっくり言うと「SNSの時代ですな」って話で

記事を読む

『マグロ、釣りました。』VS『会社は学校じゃねぇんだよ』

メモ。入江さんの本、買おう。。 コントラストが面白い。 ネギシクラブ『社長が落ちる接待力』

記事を読む

【告知】1月23日(土)チェコ好きさんとツイキャスやります!〜日本の批評はまだ生きているか〜

2015年12月某日。インターネットを介したあるアプリ上で、以下のような会話がされました。どうも、く

記事を読む

Webサイトに「コンテンツは一晩しか閲覧できない」という制限をかけてみる。 #新月堂

数日前からツイッターで #新月堂 というハッシュタグでいくつかツイートしてきました。これは、本日お披

記事を読む

インターネットに対する根源的にいやなこと #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け

表題の件、「2015年、ウェブメディア界新卒最高峰の男」こと、しもつーこと下津曲浩さんよりバトンを受

記事を読む

no image

キュレーションって単語で考えてみる世界で一番簡単なジャーナリズムの説明

佐々木俊尚さんの『キュレーションの時代』を読んだ頃に「キュレーション」という言葉に感じたことと、今、

記事を読む

2015年の聴いて欲しい日本のポップ・ミュージック10曲

知らない曲には「聴いてみて!」、知っている曲には「これ読んだ上でもう一回聴いてみて!」な気分で書いて

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑