安いイヤフォンで音楽を聴くということ。

公開日: : 最終更新日:2016/08/28 音楽


僕はここ数年、1000円か2000円くらいの安いイヤフォンで音楽を聴いてます。これには明確な理由があって、「一般的な環境で音楽を聴く」ということをしたいからです。音楽が好きだとどうしても音質にこだわってできるだけいい音で聴きたいという欲求が出てきます。

その上で、「その道は永久に続く」ということを知ってしまうのです。つまり、「いいスピーカーを部屋に置きたい」「自室のリスニング環境を整えたい」と考えだすと、それこそ1000万、2000万、という単位でゴールなく追求できちゃうんです。

なので、その道を今追求しても、延々にそこにお金を使ってしまうだろうから、まだそれはやらずに、安いイヤフォンで一般的な感覚で音楽を聴こう、って考えてるんです。以前、iMacがメイン機だった頃はBOSEとかの数万円のスピーカーをPCに繋いで音楽を聴いてましたが、メイン機がMacBookAirになったことで、それもやめました。

もちろん「追求する」は素晴らしいし素敵なことなんだけど、そうじゃない楽しい道も、あると思うんですよねえ。


関連記事

no image

音楽系の書き物まとめ

『i-ron』THE VITRIOL http://amzn.to/16WlC7p TH

記事を読む

M-1でコンビが出てくるときの音楽(SE・出囃子)はFatboy Slimの「Because We Can」だよ。

これ知らない人、結構感動するんじゃないかと思う。

記事を読む

日本のミュージシャンの詩集まとめ7選【邦楽】

こんにちは。 大川です。 日本のミュージシャンの詩集。音にのる前提でつくられた詩を、音無しで

記事を読む

no image

「歓喜」とは何か。まだ観てない人は人生損している歓喜の動画3つ

「歓喜! 歓喜!」と言っていた時期がありまして具体的には3年前くらい、震災がある少し前くらいのと

記事を読む

2015年の聴いて欲しい日本のポップ・ミュージック10曲

知らない曲には「聴いてみて!」、知っている曲には「これ読んだ上でもう一回聴いてみて!」な気分で書いて

記事を読む

no image

渋谷系が偉大である理由とアンダーグラウンド(またはコア層)を抑えなければ「潮流」はつくれないこと。

複数の人に「『1998年の宇多田ヒカル』が面白いよ、読んだほうがいいよ」と言われ、ついに昔からの友人

記事を読む

no image

横山健が語る、これからのレーベル運営術「そもそもレコード会社なんてのは隙間産業なんだ」が面白かった話。

横山健が語る、これからのレーベル運営術「そもそもレコード会社なんてのは隙間産業なんだ」 http:

記事を読む

no image

茅ヶ崎出身!サザンの桑田佳祐が選ぶ2013年邦楽ベスト20

桑田さんがラジオで発表した「2013年邦楽ベスト20」を見つけたので、いまさらですが、昨年を振り返っ

記事を読む

no image

くるりの10曲 – “奇跡”、“Ricochet”、そして“pray”

今回は、くるりの10曲。ふたりから5人になったくるり。くるりというバンドの魅力って、まず一つあるのは

記事を読む

フジロックの楽しみさについて

我々にとって、一年は西暦や年度で区切られるのではない。 はたまた、旧暦でもない。 言わず

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑