【2017年の抱負】自分は何者なのか世の中に明確に伝えていく

公開日: : 自分


2017年もクレイジービーツを打ち鳴らしていきたいと思います。どうも、くいしん(@Quishin)です。

昨年の抱負の振り返りはこちら。『ブログ飯』の染谷さんにつっこまれたので書きました。

さて、さっそくですが、今年の抱負を。

 

31をおごってもらう


こちらの企画が進行中ですので、よかったら31をおごってください。今のところ実績0です。今後は恥ずかしげもなく、「ブログ読んでくれましたか? 31おごってもらってよいですか?」と言っていこうと思います。

 

サシ飲みする

毎月、サシ飲みしたことのない年上の方とサシ飲みします。これは2016年は転職して新しい場所だったのでそれに慣れるのに必死で、サボッていたから2017年はやりたい、という話です。

スタジオジブリの鈴木敏夫さんがよく「同世代の飲み会禁止。同じ夢を語っていても仕方がない。飲み会に行くときは、権限を持っている人か自分よりも偉い人のところへ行け」と仰っているのですが、先日足を運んだイベントで改めて目の前で鈴木敏夫さんからこの言葉を聞いて、改めて実行していきたく思った感じです。

 

ランチは人と会う

会社員としては珍しい働き方をしておりまして、一日自宅作業の日なんかもたまにあるわけです。一日人と会う予定がないと、どうしても夕方にだれるような気がして。メリハリがなくなってしまうわけですね。そういう日をなくしたいということもあり、ランチは人と会おうと思いました。

 

「音楽の人」として世の中に認知される

音楽宣言しました。よかったらぜひ以下のインタビューに目を通していただけますと嬉しいです。すべてここに書いてある通りで、今年は音楽関連の仕事を増やそうと思っています。

 

よいインタビューのできる人として業界に認知される

実直に自分の所属する媒体で取材を続け、上記を達成したいと思っています。もちろんただただひとつひとつの取材に全身全霊で挑み、世の中に出ていく原稿をよいものにしていくことや現場でしっかりインタビューすることは前提として、「よいインタビューのできる人」として世の中に売り出すために、自分をPRしていこうと考えています。

そんな感じで、今年はリアルガチです。

今年もよろしくお願いします。

追伸1
インターネットでは「おめましておめでとうございます」は言わない主義です

追伸2
抱負はきちんと年に何回か振り返る必要があると昨年気づいたので、今年はここでの宣言を常に胸に秘め、忘れないようにしたいです。

どうも、くいしん(@Quishin)でした! 最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました!


関連記事

no image

新しいお仕事、始めました

新しい仕事を自分で始めるに当たって周りの人にいろいろ宣伝したり 自分の想いを話したりしているわけで

記事を読む

no image

トップ・ページ・コメント「~2011年3月29日」

クイシンコムのトップ・ページ・コメントとして、 ップ・ページに、2011年3月29日まで貼り出され

記事を読む

no image

クイシンコムの『じっかい』

1.如何なる状況下においても、生に対し、絶対的な歓喜をもつこと。 2.面白くあること。 3.面白

記事を読む

no image

急にトマトが好きになったことと目がよくなった話。

なんだか怖い。急にトマトが好きになった。好きになった、と言うからには今までは好きじゃなかった。苦手だ

記事を読む

no image

無条件に信頼度がアップする人10選

5つ以上当てはまったら、僕と君とはもう友だちだ! 1 SFC版初代「風来のシレン」にむちゃく

記事を読む

ちょっとわけあってできるだけ毎日ブログを書くことにした。

特にブログと言っても、小遣いを稼ごうというわけでもないし、バズるような内容を書くつもりもない。書けな

記事を読む

no image

自己紹介【2014年1月版】

最近、ありがたいことに「お前誰やねん」とか「何をやっている人で何をやってきた人なのか」ということを聞

記事を読む

no image

こっそり寄稿していたnomooo pressの記事10

10記事。 一気飲みだけじゃない!最近話題のテキーラ! 果たしてぬるいビールは本当に美味

記事を読む

no image

「こうなりたい」という想いを明確にして表明すること。

こうなりたい、あの人みたいになりたい、って言ってしまうのは、いいところも悪いところもある。やりかたに

記事を読む

昨日は父の日か。父の日だったから父について少し書こう。

父の日だったから父について少し書こう。父とゆっくりしゃべったことは少ないが、父について書きたいことは

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑