フジロックの楽しみさについて

公開日: : 音楽


我々にとって、一年は西暦や年度で区切られるのではない。

はたまた、旧暦でもない。

言わずもがな、フジロックの「始まりと終わり」が一年をつくっている。

どうも、くいしん(@Quishin)です。

一年のうちの360日はすべて「フジロック待ち」である。

フジロックが終われば、またそこから「なんの変哲もない360日の通常営業」が始まる。

3日間開催のフジロックに対してフジロックを5日間として捉えているのは、自分が大抵5日休みを取っているから。

2017年で言えば、前夜祭の27日(木)と週明け月曜の31日(月)がそれに当たる。

ハムサンドが美味しい

生きていると、誰にとってもいろんなことがある。

恋人との出会いや別れ。楽しかったデートの思い出。

仕事の成功、失敗、上司に褒められた、怒られた。

家族との穏やかな時間。公園でピクニック。ハムサンドが美味しい。

暑くなってきた時期に野外で飲むモヒート。

友人が好きだった作家と一緒に仕事をできることになって喜んでいる。

友人が離婚しそうで辛そう。

お金がない。

お金が貯まった。

子どもが生まれた。

Suchmosが売れてる。

ただ、そんなすべての喜怒哀楽・経験・体験はすべて、フジロックの前フリでしかない。

結婚式で友人の結婚に感動したり、葬式で涙することも、すべてフジロックの前フリである。

フジロックで踊ることに比べれば、他の生に関するすべては付随物でしかない。

呼吸ですら、フジロックに行くためにスーハースーハーしているに過ぎない。

フジロックの過ごし方の共有

開催中、終電で帰ろうとすると、その一日のトリを務めるメインアクトを最後まで見ることはできない。

つまり、やはり4泊5日で、車で会場へと足を運ぶことが必須となる。

そして、宿は会場から徒歩圏内でなければならない。

シャトルバスでの移動をしようとすると、ピークタイムであれば2時間待ちが普通だからだ。

車は宿に置くのと、合わせて場内1に置いておく。

車2台体制で一台の車を場内1に置くことで、椅子を宿から持っていかなくてよくなるので楽。

常に破竹の勢いでテキーラを飲み続けることを考えると、それら以外の選択肢がないことにすぐお気づきいただけるだろう。

フジロックと豪雨と雷

フジロックは基本的に毎朝6時まで音楽が鳴り続ける。

夜通し行われる宴の間、比喩ではなくそのままの意味で4日間、酒を飲み続けるだけの時間が続く。

その「祈り」は生半可なものではなく、豪雨だとしても、雷が鳴り響いていたとしても、まったく気にせずに続く。

ハイネケンの紙カップの中ではビールと雨水が混じり合い、飲んでも飲んでも減らない状況になる。

これにより自然への畏敬、人間の無力さを感じ、それが他の360日の生きる糧になることは言うまでもない。

ちなみに4万円を超えるチケット代は、ただのお酒を飲むのにちょうどいいBGM代であって、それ以上でも以下でもない。

普段都市生活の中で感じる「お酒飲みたいお」という気持ちはこの間、一切なくなる。

なぜなら飲み続けているからだ。

5日の間に限りなく自然の一部に還ることにより、胎内にいた頃の記憶が蘇り、母への感謝も増大する。

自然への畏敬。

母への感謝。

そして世界は平和になる。

これがフジロックが最終的に思い描く未来である。

追伸1
RADWIMPSの「前前前世」が楽しみです。

追伸2
行く方いたらリプライとかDMください。乾杯しましょう。

追伸3
仕事しか趣味がないのでフジロックは唯一の趣味らしい趣味である。


関連記事

日本における音楽批評Webメディアはどういったものを作ればいいか。

日本を代表する音楽批評雑誌であるロッキング・オンに対して思ったことをツイートしたらたくさんの方が見て

記事を読む

no image

音楽系の書き物まとめ

『i-ron』THE VITRIOL http://amzn.to/16WlC7p TH

記事を読む

no image

ジャック・ホワイトのインスト曲”High Ball Stepper”がむちゃくちゃカッコいい。

しびれるなあ。

記事を読む

M-1でコンビが出てくるときの音楽(SE・出囃子)はFatboy Slimの「Because We Can」だよ。

これ知らない人、結構感動するんじゃないかと思う。

記事を読む

FINLANDS(@Finlands12)の初ワンマンを観に行った。

FINLANDS(@Finlands12)の初ワンマンを観に行った。 ライターとして最近大活躍

記事を読む

no image

横山健が語る、これからのレーベル運営術「そもそもレコード会社なんてのは隙間産業なんだ」が面白かった話。

横山健が語る、これからのレーベル運営術「そもそもレコード会社なんてのは隙間産業なんだ」 http:

記事を読む

9年連続9回目のフジロックに行ってきた。

いまさらだけど、8月の頭にちょこっと書いていたメモが出てきて「あっ」となり、せっかくなので備忘録がて

記事を読む

Suchmos(サチモス)はなぜ文科系インテリ女子を魅了するのか。

サチモスについて、ちょこちょこツイートしてます。むちゃくちゃカッコいいバンドです。もちろん、その演奏

記事を読む

no image

下品なことをしてPV稼ぐくらいなら潰したほうがいい。by 大山卓也

ナタリーに矜持みたいなもんがあるとしたら宇多田ヒカルを悲しませるようなことはしないっていうそれだけ。

記事を読む

no image

渋谷系が偉大である理由とアンダーグラウンド(またはコア層)を抑えなければ「潮流」はつくれないこと。

複数の人に「『1998年の宇多田ヒカル』が面白いよ、読んだほうがいいよ」と言われ、ついに昔からの友人

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑