9年連続9回目のフジロックに行ってきた。

公開日: : 最終更新日:2016/11/23 音楽


いまさらだけど、8月の頭にちょこっと書いていたメモが出てきて「あっ」となり、せっかくなので備忘録がてらあげておこうと思った。

***

始まりは水曜の夜。

上野のオフィスで勤め先の社長との打ち合わせを終えて、そのまま上野駅から東海道線に飛び乗る。上野東京ラインってのができてからは、実家のある鴨宮駅という小田原駅のひとつ手前の駅まで乗り換え無しで行ける。便利。どうも、くいしん(@Quishin)です。

今年は「フジロックのこと書いてくださいね〜」と複数の方に言われた気がしたので、書き残しておこうと思う。

***

まだ水曜の夜の話。鴨宮駅で弟と弟の彼女の乗った車に乗り込む。134号線を走り込む。平塚のドンキへ行って黒霧島やテキーラやテキーラやテキーラを買い込む。

ちなみにフジロックは、ビンは持ち込めないため、黒霧島は紙パックのやつ。テキーラはビンしかないため、よくお母さんが麦茶入れてるアレを買って、現地でそれに入れ替えるのである。

帰宅。ここからフジロック当日へ向けて、重要な任務がまだ残っている。荷作りである。都内の部屋からある程度洋服などは持ち込んでいたものの、実家にしかないものもたくさんあった。トレッキングシューズとか。必要なものを揃えて荷詰めして寝る。布団に入ったのは3時過ぎだった。

朝起きたのはたしか9時半頃。10時に、都内に住むいとこが到着。説明があとからになったけど、僕はもうここ数年、弟ふたりといとこと、ファミリーでフジロックに行くことになっている。どうやらこれはかなり変わっていることらしい。

僕といとこチームと、弟と弟の彼女チームの二台の車で苗場へ向かう。小田原から東名をつなぐ小田原厚木道路という有料道路で厚木まで行き、そこでまたドンキに寄り、昼食を食べてから、再び苗場へと向かい始める。ちなみにランチは厚木家という神奈川が誇る家系ラーメンの有名店。

フジロックへは、4泊5日で行く。会社はいつもだいたい木曜、金曜、月曜とお休みをもらうことにしている。この話をすると大抵「え、フジロックって何日やっているんですか?」って聞かれる。フジロック自体は金土日の3日間なんだけど、木曜に「前夜祭」の名で同一会場にてライブやらやりつつメインの飲食スペースである「オアシス」が開いていて、なんとこれが無料で楽しめる。

多くのハードコアなフジロックファンは、この前夜祭に参加する。たしか主催者発表で、この時点で1万人ほどの人が集まる。まぁ、ライブもそこそこに、「まだ始まってないから」を免罪符にぶっ飛ぶわけである。

お金面は、宿代とチケット代を含めて、15万くらいで考えている。でもここ数年はいろいろグッズが集まってきて新たに買う必要がなかったりするので、10万円くらいに収まるかも。

話は戻り、道中。眠いのでコーヒーを飲む。ここで「僕のインターネットフジロック」が同時に始まったわけである。

なぜか勤め先の社長がこのツイートをRTして、それに次いでこんなことを。

僕はこれから続くフジロックの日々を想像しながら「ええ会社やなあ〜」などと柄にもなく思っていたのだけれど、すぐに思い直した。そのツイートにはなぜかたくさんのファボが集まりその数110。「人の休みを出汁にしてインプレッションを稼ぎやがって! 俺のフォロワー増えてないやん!」と思っていた。

苗場の民宿に到着して荷物をほどいてまだ日が沈む前に会場入り。

20時に、花火があがる。

そして夜は深まってゆく……。

あと、ベンジーも出てた。

いや、ホント、ちょっと泣きそうでした。
このあとレッドマーキーでは電気グルーヴの「虹」が流れる、と。

***

1日目

観たの

・BIFFY CLYRO
・KOHH
・Suchmos
・ROUTE 17 Rock’n’Roll ORCHESTRA (feat. 八代亜紀、仲井戸”CHABO”麗市、奥田民生、トータス松本)
・JAMES BLAKE
・SIGUR RÓS
・DISCLOSURE
・D.A.N.

フジロックに行くというと「誰目当てですか?」とか「誰を観てきたんですか?」とかって聞かれるけど、全体的にそれは適当。流れに身を任せ、誰を見るのかはノリとアルコール量に依存する。

2日目

観たの

・WANIMA
・TOM ODELL
・TRAVIS
・THE HEAVY
・G.LOVE&SPECIAL SAUCE
・松崎ナオ
・EGO-WRAPPIN’
・BECK
・SPECIAL OTHERS
・SQUAREPUSHER
・KILL THE NOISE

3日目

観たの

・MARK ERNESTUS’ NDAGGA RHYTHM FORCE
・2CELLOS
・ASANO TADANOBU
・SHERBETS
・Ken Yokoyama
・BABYMETAL
・RED HOT CHILI PEPPERS
・DJみそしるとMCごはん(超チラ見)
・電気グルーヴ
・EY∃
・SOICHI TERADA
・DJ HARVEY

本当に今年はまったく雨が降らなくて、砂埃がすごくてやられました。

そして2000フォロワー突破!!!(唐突…)

とにかく音がめちゃくちゃよかった。

2008年に初めて行って、

2009年(2)
2010年(3)
2011年(4)
2012年(5)
2013年(6)
2014年(7)
2015年(8)

2016年は9回目というわけで、来年は自分の中では10回目の記念なので、何かお酒をたくさん飲める仕掛けを考えたい。

ちなみに9年連続で今年みたいに5日間フジロックに行っているわけではない。毎年、「あれ、◯◯年は全日行ったんだっけ?」と言い出すのが恒例なので、何日行ったか振り返ってみようと思う。

(手帳を見たり、公式サイトのタイムテーブルを見たりする)

2008年 木金土日
2009年 日のみ
2010年 日のみ
2011年 日のみ
2012年 金土日月
2013年 木金土日月
2014年 木金土日月
2015年 木金土日月
2016年 木金土日月

あぁ、3年だけ全日参加できなかったんだ。ちなみに2008年に「月」がないのは、日曜の夜泊まらずに帰ったということだ。2012年の場合は、木曜の夜中に出発して、苗場に着いたのは金曜の朝だった。来年か再来年には、フジロック関連出費が合計100万円くらいになるんじゃないだろうか。そうやって考えると怖い。怖いので考えたくない……。

まだ月曜なのに、都内に戻るのは土曜宣言。

火曜は朝4時に起きて、羽田空港から九州に行きました。

そんなこんなで、今は九州で取材した原稿を書いています。

終わり

どうも、くいしん(@Quishin)でした! 最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました!


関連記事

no image

くるりの10曲 – “奇跡”、“Ricochet”、そして“pray”

今回は、くるりの10曲。ふたりから5人になったくるり。くるりというバンドの魅力って、まず一つあるのは

記事を読む

FINLANDS(@Finlands12)の初ワンマンを観に行った。

FINLANDS(@Finlands12)の初ワンマンを観に行った。 ライターとして最近大活躍

記事を読む

no image

【MV】異国情緒の果て、ここはどこの国?“Rather Be (feat. Jess Glynne)”Clean Bandit

日本のエキゾチズムを国味わう映像として、これほど最適なものはない。 もっと詳しく知りた

記事を読む

2015年の聴いて欲しい日本のポップ・ミュージック10曲

知らない曲には「聴いてみて!」、知っている曲には「これ読んだ上でもう一回聴いてみて!」な気分で書いて

記事を読む

no image

下品なことをしてPV稼ぐくらいなら潰したほうがいい。by 大山卓也

ナタリーに矜持みたいなもんがあるとしたら宇多田ヒカルを悲しませるようなことはしないっていうそれだけ。

記事を読む

Suchmos(サチモス)はなぜ文科系インテリ女子を魅了するのか。

サチモスについて、ちょこちょこツイートしてます。むちゃくちゃカッコいいバンドです。もちろん、その演奏

記事を読む

no image

紅白とCDJどちらもは出られない。テレビとフェスでバンドを取り合う時代。

紅白はリハで一週間くらい拘束されるから、ミュージシャン側からすると凄く面倒なイベントなんですよね。で

記事を読む

日本のミュージシャンの詩集まとめ7選【邦楽】

こんにちは。 大川です。 日本のミュージシャンの詩集。音にのる前提でつくられた詩を、音無しで

記事を読む

クリトリック・リスに町あかりからTOKYO HEALTH CLUBまで【最近感動した曲10選】

日本のみ。マジでヤヴァい曲があまりに多いので、10曲ほど見繕ってみました。どうも、くいしん(@Qui

記事を読む

no image

渋谷系が偉大である理由とアンダーグラウンド(またはコア層)を抑えなければ「潮流」はつくれないこと。

複数の人に「『1998年の宇多田ヒカル』が面白いよ、読んだほうがいいよ」と言われ、ついに昔からの友人

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑