カルチャーや芸術なんかなくたって生きていける。だからこそ、豊かな国にはそれが必要だ。

公開日: : 最終更新日:2016/08/28 書く


無意味なもののほうが好きだ。カルチャーや芸術なんかなくたって生きていける。だからこそ、豊かな国にはそれが必要だ。11月3日の文化の日に結婚した男女のもとに生まれた僕は、どうしてもカルチュラルにでないと生きられないらしい。ちなみに、両親が結婚にその日を選んだのは「雨が降らない日だから」だ。どうも、くいしん(@Quishin)です。

震災のときに、僕が吸っていたCHERRYというタバコは廃盤になった。愛するものとの別れは辛い。相棒の死に何を思うか、僕はよく知っている。どんなものがその人にとってどのような価値があるかなど当人にしかわからない。価値など人それぞれに違う。他人の価値なんか無視して、自分の尺度で生きればいい。

文章のうまい下手というのは、書き分けで判断できる。ですます調、だである調、そのどちらでも一定のクオリティで書けないならば、ライターを名乗るのはちょっと厳しい。小説家は、一人称で書くのは簡単だから三人称で書け、と言われることがあるらしい。三人称で書くほうが難しい。三人称で書くのが筋トレになるからだ。

ダウンタウンの松本さんが昔、「笑いのセンスは筋肉だから、常に普段から面白いことを考えておけば筋肉が鍛えられる」というようなことを言っていた。文章もそうだ。音楽も芸術もそうだ。まずは一番いいものをたくさん見ること。文章だったら読むこと。村上春樹も司馬遼太郎も、まず読む天才だ。その上で、書く天才になれる。岸田繁もそう。あの人は、天才的に音楽を聴くセンスがある。だから音を紡ぐ才能も優れている。圧倒的な文章を読まないことには、文章で人を圧倒することは絶対にできない。これは散文だ。ルールはない。


関連記事

阿川佐和子とリリー・フランキーが語る「お前は何屋なの?」という話

昨日?テレビ見てたら阿川佐和子さんとリリー・フランキーさんが「お前は何屋なの?」という問いに対して、

記事を読む

ナタリーの記事で感じた「Webの文章は説明を不足させろ」って話。

すごくざっくり言いますけど、Webの文章って説明が不足しているくらいがちょうどいいんです。どうも、く

記事を読む

天井裏書房電子本第一弾『隠居系男子的。』

このブログでも隠居系男子でも何度かお知らせしてきましたがやっと出せました。どうも、くいしん(@Qui

記事を読む

ライターが知ってると得する『君の名は。』と序破急(1:2:1)の時代のこと

先日、新海誠監督の映画『君の名は。』を観てきました。2回目。最新の情報では興行収入が『千と千尋の神隠

記事を読む

クリエイティブな仕事をするなら、大勢ではなく1人を意識する

なんでこのブログをほぼ日刊にしたか→友人にブログを進める→お前もやってよと戻ってくる。とにかくそうい

記事を読む

改行は呼吸のように。自然でなければ、読み手だって息がつまる

こんばんは、くいしんコークです。そう、mixiで日記を書いていた頃はこんな風に毎日挨拶をしていた。そ

記事を読む

no image

こっそり寄稿していたnomooo pressの記事10

10記事。 一気飲みだけじゃない!最近話題のテキーラ! 果たしてぬるいビールは本当に美味

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑