フリーの紙のベテラン編集者さんに人材がWebに流れてくるタイミングを聞いた

公開日: : 最終更新日:2016/11/23 インターネット


先日、昔からお世話になっているフリーの編集者大先生と電話で話した。どうも、くいしん(@Quishin)です。

先生が新しくオウンドメディアを手がけるとかで、いくつか質問をされた。ぼくのような場末のディレクターにそんな風に声をかけていただけるだけで凄くありがたいです。その話はその話で凄く真剣で学びの多いものだったんだけど、今日書きたいのは、ぼくが逆に質問させてもらった「これから数年で紙の編集者が一気にWebに流れてきますよね?」という話。

ツイートの通り、「全然そんなこと考えてないでしょ!笑、大丈夫大丈夫」って感じの返事だった。タイミングもクソもなかった笑。むしろ優秀で意識的な人は、すでにWebのメディアを同時にもっている媒体にいたり、30代くらいの人はとっくにWeb方面にいってるよねって話。40代50代になると、「Webやらんでも食っていけるで」という、いわゆる「最悪、業界がどんどん縮小していっても自分は逃げ切れる理論」があるよねという話だった。

一般的な認識?としてぼくが持っていたのは「紙よりも、Webのメディアをつくったほうが儲かる」という共通認識が広がると、紙の編集者が一気にWebに流れてくるので、それまでに若い人は力を蓄えておかなきゃ!ということ。でも、「流れてくる」ということだけで言えば、そこまで心配しなくてもいいのかなあとか思った。とはいえ、どんな状況であれ危機感ってものはもっていなきゃダメだよなあ。どうも、くいしん(@Quishin)でした。読んでくれた方ありがとうございました。ツイッター(@Quishin)はフォローお気軽に!


関連記事

no image

任天堂の岩田社長のかつてのSCE久夛良木社長のような失敗発言。。

【ビジネスの裏側】ソニー・MSから“周回遅れ”「任天堂」ネット対応の酷さ…“いじめの温床”3DS、“

記事を読む

no image

「このサイトの記事はシェアしない」となんとなく思うこと。

新しいウェブのメディアが出てきたとき、またはそれを見つけたとき、「このサイトの記事はシェアしないだろ

記事を読む

チェコさんとのツイキャス後記〜日本の批評はまだ生きているか〜

いやはやとんでもない硬いテーマでしたね。マジで聴いてくれる人が2、3人しかいないんじゃないかとビビッ

記事を読む

「スマホ対応」「スマホ対策」って言い方もう止めませんか!?

ホームページをリニューアルするときに、「スマホ対応」という言葉を使うことがあるんです。Twitter

記事を読む

no image

ブログやnoteやツイッターで書いたものをなんと呼ぶか。

僕はこれには明確に答えがあって、ブログは「エントリ」、noteは「note(ノート)」、ツイッターは

記事を読む

no image

桐谷ヨウ×鳥井弘文×くいしんツイキャスのアーカイブを公開しました #くいちら

先日、3月5日(土)に第四回目となる桐谷ヨウx鳥井弘文xくいしんツイキャスを行いました。おふたりはそ

記事を読む

no image

「本日は、今から6年後 = 2020年の インターネットビジネスについての話をします」

InternetBusiness in 2020 ( Japanese Edition )

記事を読む

【随時更新】ツイキャスやった日リスト

今後増えるかもしれないので、来るべき未来に向けてまとめてみた。 2015年11月7日(土)

記事を読む

no image

俺のドメインは俺のドメインのままの見た目でツイートしたいんだ!って話。

BufferとかはてなでツイートするとURLがそのサービスのURLになっちゃうじゃないですか。それっ

記事を読む

no image

ウェブメディアやブログに特別な思い入れがあるなら今が「ウェブ文化人の時代」だと意識したほうがいい。

ウェブ上で「ライターになりたい」「編集者になりたい」とか「コラムニストになりたい」とかって、どっちが

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑