「コント社会人」という感覚。

公開日: : 最終更新日:2016/11/23 お仕事


「人生は大喜利だ」というのはぼくが言った名言ですが(猛爆)、「コント社会人」という感覚ってありませんか? どうも、くいしん(@Quishin)です。

これ、伝わりますかね。お笑いのコンビが明転からの第一声、「コント! コンビニ店員!」とか言うやつです。ぼくは「社会人」とかいうやつは、コントでやればいいと思ってるんですよ。通勤の満員電車が辛いとか、人間関係がしんどいとかいろいろ言う人おりますけれども、コントだったら笑って過ごせるじゃないですか? 言ってしまえば、社会人をやるというのは、コントです。「コント社会人」を演じていると、辛いことや苦しいことがあっても「コントなんで」ってことになる。

電話を取るとか、書類のコピーを取るとか、最初は上手くできないですよ。カラー、用紙サイズ、両面印刷、ホチキスの位置、こんなにいろいろボタン押さなくちゃいけないのかよ、と、誰でも思いますよ。

お茶なんか出さなきゃいけないのかよ、と思う人もいるかもしれない。でも、お茶を出すときに上席とその取引先がどんな話をしているのか、これはどういった意味の打ち合わせなのか、って考えることによって得られることって無限にあるんですよ。それもこれも、コントという一設定の中で生きる自分っていうことでちょっとだけ俯瞰して見てあげれば、簡単に視野は広がると思う。

それに似たものとして自分の中に凄くしっかり根付いているのは、「自分の本体は◯◯」という感覚がない、ってことです。逆に言えば、今で言うなら「インターネットが好きな人」というキャラクターに憑依して、憑依したまま生きているような感覚が常にあります。

こういう感覚をもっていると、自分は何者なのかとか、自分探しというものが以下に不要で、不毛なものなのかって思える。だって、そんなの、ないでしょう。ないんだから、適当にそばにあるものを使って、コンビニバイトしかやれる仕事がないなら、「コントコンビニ店員」やればいいんじゃないですかね?

「自分に合った仕事」とか「自分という人間はこう」とかって、別にないですよ。それは信じる心をもてるかどうかってだけの話で、最適な答えとかないですから。そんなの探すの、かったるくないですか?

たとえば「世界一周」をしたら何かが得られるわけじゃない。世界一周をして何かを得た人だけが「世界一周をしたら何かが得られる」と言うだけです。

人間なんて、社会に出て、大変な想いをする「キャラ」みたいなもんだと思うんですけどね。

どうも、くいしん(@Quishin)でした。読んでくれた方ありがとうございました。ツイッター(@Quishin)はフォローお気軽に!


関連記事

no image

秋元康に学ぶ「続けること」が圧倒的に重要なのは、タイミングが合う瞬間が絶対に訪れるから。

タイトルは敬称略。「何かを毎日続けること」って、すごく難しいけど、それだけ重要なんですよね。どうも、

記事を読む

小田原や大磯にもコワーキングスペースがあったので共有したい @93puku @OISO1668

僕は正直言って、あれが嫌いです。「最近なんか面白いことないの?」っていうやつ。どうも、くいしん(@Q

記事を読む

no image

こっそり寄稿していたnomooo pressの記事10

10記事。 一気飲みだけじゃない!最近話題のテキーラ! 果たしてぬるいビールは本当に美味

記事を読む

no image

会社員とフリーランスどちらが偉いか。あらゆる境界が曖昧に

このエントリは、これからの時代は「どっちがいいか」って話はあんまり重要ではなくなっていくよね、ってい

記事を読む

「カウンターカルチャー」ってなんだか知ってる?

さっきこんなツイートしてまして。 カウンターカルチャーって単語が出てきた。気になるワードを放り

記事を読む

no image

「挫折」について語られることは多いけどそれは本当は「喪失」のこと。

「何に挫折したか、どこでどうやって挫折したか」またはよく面接なんかで重要だと言われる「その挫折をどう

記事を読む

早くやる/自分で勝手に選べ/多種多様

早くやる いますぐにやるか、死ぬかしかない。僕は本当にワガママに、今自分がもっともやりたいこと

記事を読む

「夢を与える」と同じくらい「夢を諦めさせる」は重要。

漫才の大会でM-1グランプリというのがあるんですが、最初の10年の主催者である島田紳助さんは

記事を読む

by U-NOTE【ユーノート】高収入者に共通する3つの生活習慣について書きました。

高収入者に共通する3つの生活習慣 U-NOTE【ユーノート】 http://u-note.me/

記事を読む

no image

仕事、職業、はたらく会社を選ぶ基準。

初めて就職した出版社が元々一番入りたい会社で、周りの仲間には編集を志した当初から「あの会社が第一志望

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑