「カウンターカルチャー」ってなんだか知ってる?

公開日: : 最終更新日:2016/08/28 お仕事


さっきこんなツイートしてまして。

東京カレンダーのこれらの連載って本当に2015年を代表する「ウェブメディアの連載」になりましたよね。どうも、くいしん(@Quishin)です。

で、触れたいのは、主人公が慶應出て総合商社の出世競争に敗れ知人のベンチャーも辞めてしまって今度は小さな会社を始めるぞ、というくだりの中の以下の一節。

実は資本主義に嫌気が差している自分がいました。5MINUTESを辞めたのも、結局ストックオプションで揉めたことが引き金でしたが、今振り返ると自分は何て小さいやつなんだと思いますね。そういった株とかに惑わされず、小さくてもいいから実体経済で、自分の足で立ちたいと思うようになりました。

そうしてたどり着いたのが、伝統工芸品やハンドメイド品の販売です。

アメリカではリーマンショック以後の世界で、大量生産大量消費の資本主義に疲れたカウンターカルチャーとして、ポートランドを中心とした地産地消やハンドメイドにこだわる生き方が、注目を浴びていました。日本でも最近『KINFOLK』がかなり人気を博していますよね。清澄白河にできた『ブルーボトルコーヒー』も、そういう流れです。

この「カウンターカルチャー」という単語、凄く思い入れが強いので、引っかかったんですけど。僕は音楽やポップカルチャーが好きなので、よく「サブカル好きなんですか?」って聞かれるんですが、基本的には「サブカル」は特に好きではないんですよ。僕が好きなのは「カウンターカルチャー」なんです。

たとえば糸井重里という人は、大手広告代理店的な価値観の権化だったわけですよ。「数百億円の予算を用意して、世の中にドーンと売り出しましょう!」ってやつね。それに対して「思うところ」があったからこそ、まったく違うほぼ日という事業をウェブで始めた。これがつまり、カウンターカルチャーってやつ。

高城剛さんも近しい文脈で語れる。世の中の言う「ロック」ってのももちろんそれ。僕が音楽以外に対して「これはロックンロールだ」とか言ってることがあったら、それは半分以上は「これはカウンターカルチャーだ」って言ってることとおんなじなわけです。

で、いまさら気づいたんですが、灯台もと暮らしやKINFOLK的な「これからの生き方」に自分がすごくしっくりきているのって、カウンターカルチャーだからなんだってこと。ふと東京カレンダーの連載に気付かされたので備忘録まで。どうも、くいしん(@Quishin)でした。読んでくれた方ありがとうございました。ツイッター(@Quishin)はフォローお気軽に!


関連記事

「夢を与える」と同じくらい「夢を諦めさせる」は重要。

漫才の大会でM-1グランプリというのがあるんですが、最初の10年の主催者である島田紳助さんは

記事を読む

by U-NOTE【ユーノート】高収入者に共通する3つの生活習慣について書きました。

高収入者に共通する3つの生活習慣 U-NOTE【ユーノート】 http://u-note.me/

記事を読む

早くやる/自分で勝手に選べ/多種多様

早くやる いますぐにやるか、死ぬかしかない。僕は本当にワガママに、今自分がもっともやりたいこと

記事を読む

no image

会社員とフリーランスどちらが偉いか。あらゆる境界が曖昧に

このエントリは、これからの時代は「どっちがいいか」って話はあんまり重要ではなくなっていくよね、ってい

記事を読む

「コント社会人」という感覚。

「人生は大喜利だ」というのはぼくが言った名言ですが(猛爆)、「コント社会人」という感覚ってありません

記事を読む

no image

「挫折」について語られることは多いけどそれは本当は「喪失」のこと。

「何に挫折したか、どこでどうやって挫折したか」またはよく面接なんかで重要だと言われる「その挫折をどう

記事を読む

no image

こっそり寄稿していたnomooo pressの記事10

10記事。 一気飲みだけじゃない!最近話題のテキーラ! 果たしてぬるいビールは本当に美味

記事を読む

no image

ライブの主役はミュージシャンだけどフェスの主役は来場者。

ライブってのは音楽イベントの話です。ライブの主役は、ミュージシャン。開演前、お客さんであるオーディエ

記事を読む

小田原や大磯にもコワーキングスペースがあったので共有したい @93puku @OISO1668

僕は正直言って、あれが嫌いです。「最近なんか面白いことないの?」っていうやつ。どうも、くいしん(@Q

記事を読む

no image

秋元康に学ぶ「続けること」が圧倒的に重要なのは、タイミングが合う瞬間が絶対に訪れるから。

タイトルは敬称略。「何かを毎日続けること」って、すごく難しいけど、それだけ重要なんですよね。どうも、

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑