「好きなことを仕事にする」はコストがかからないし最高です。

公開日: : 最終更新日:2016/08/28 ライフ


ぼくはこれまで高校を卒業してから吉本興業(当時)のNSC東京でお笑い芸人見習いをやったり、音楽雑誌の編集をやったり、Web制作をしてきたわけですが、これだけ好き放題に生きてきて思うのは「好きなことを仕事にする」はコストがかからないし最高ですよ、って話。「好きなことを仕事にする、は、好きなことを好きではいられなくなったりするから」という意見も多いですがそんなこと全然思いません。どうも、くいしん(@Quishin)です。

やりたいことがあるけどできないんです、という話を聞くことがちょこちょこあるのですが、それを聞いて思うのは「何かを始めるためには、時間やお金がかかる」という感覚。これを乗り越えられないから、始めることができない、という話なんですよね。でもこれってなんだかよくわからない。まずは、「自分が本当にやりたいことは何か」というのを考えて、決めて、すべてをそこに向けてやれば、迷う必要なんかないんじゃないでしょうか。

そこさえ決めてしまえば、今のぼくだったら仕事はWebディレクターなんですけど、Webをつくる仕事、またはインターネットサービスに関わる仕事をしていきたいので、今のままディレクターという職を極めたいのかとか、Webをつくれるもっと大きな企業にいくのかとか、LINEとかTwitterとかアプリやサービスの企業にいくのかとか、メディア系企業にいくのかとか、はたまた独立してそれをやりたいのかとか、そういう話になってきますよね。

こう言うと大げさで、「その道で生きることを自分で決めて、がむしゃらに生きていく」みたいに聞こえがちですが、そんなことはないと思います。自分が好きなことをとりあえずやってみて、徐々に形にしていけば、それでいいんじゃないでしょうか。とりあえずやってみれば、向き不向きもわかるし、仕事にするのが向いてなかったとしても「好きを深める」になるだけですよね。

なんでこんなこと言うかって、自分がそうしてきたからです。「若いうちにのぼる山を決めて、そこに向かって突き進む」ということができたら、それはもちろん格好のいいことだけど、それってやっぱりむちゃくちゃ難しいし、最初につまづいたらどうしたらいいの?って話じゃないですか。いつなんどきでも「やりたいこと」をやりたいように始めたらいいんじゃないのかなあと思うんです。それがアラサーだろうと、60代だろうと70代だろうとね。そんなこんなで今日も明日もWebつくってます。どうも、くいしん(@Quishin)でした。読んでくれた方ありがとうございました。ツイッター(@Quishin)はフォローお気軽に!


関連記事

いい言葉をインターネットと紙に残して死ぬ。

生きる意味など別になくても構わないですが、それでも何故生きるのか、一生懸命仕事をするのかっていうと、

記事を読む

no image

たまには「徹底的にひとりになる時間」をつくったほうがいい。

東京という街にいると「あー、誰か空いてないかな。ちょっと一杯だけ飲みに行きたいな」なんてことを思って

記事を読む

no image

「生き方が面白い人」が紹介されてるの見ると、だいたい俺のが面白い生き方だなあって思う。

これ、「何をお前、生意気なことを言ってるんだ」って話ではなくて、「自分のことは、自分がいちばん忠実に

記事を読む

no image

「ここではないどこか」を探していた時代は終わった。

漫画家の山田玲司さんがニコ生で言ってた2015年の総括が面白かった。山田玲司さんは『Bバージン』や『

記事を読む

最近物欲が出てきた。

長らく「物欲」ってものがなかったけど、なんだかここ最近物欲が出てきた。不思議なもので、物欲なんてもの

記事を読む

2016年の抱負。

改めて抱負を宣言することはあまりないので、ここではっきり言っておこうと思う。というかもう1月末だ。ど

記事を読む

「これがわたし!」って現状に満足している風を装っていませんか?

「これは無し、これは無し」って、知らず知らずのうちに自分の中から切り捨てていってるものってたくさんあ

記事を読む

no image

スマホによって触覚が失われる。

トーチズメンバー(http://torches.jp)でいろいろ話してたんだけど「スマホによって触覚

記事を読む

最近バズワード化してる「上質な暮らし」がどこからキタか調べてみた。

最近よく聞きますよね? 「上質な暮らしってなんだろう」みたいな話。でも、その「上質な暮らし」って、そ

記事を読む

no image

抱負に「達成」という概念はあるのか。

2月の飲酒報告です。1ポイントは「飲み会・会食」、0.5ポイントは「ちょっと飲んだけどちょっとだから

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑