「好きなことを仕事にする」はコストがかからないし最高です。

公開日: : 最終更新日:2016/08/28 ライフ


ぼくはこれまで高校を卒業してから吉本興業(当時)のNSC東京でお笑い芸人見習いをやったり、音楽雑誌の編集をやったり、Web制作をしてきたわけですが、これだけ好き放題に生きてきて思うのは「好きなことを仕事にする」はコストがかからないし最高ですよ、って話。「好きなことを仕事にする、は、好きなことを好きではいられなくなったりするから」という意見も多いですがそんなこと全然思いません。どうも、くいしん(@Quishin)です。

やりたいことがあるけどできないんです、という話を聞くことがちょこちょこあるのですが、それを聞いて思うのは「何かを始めるためには、時間やお金がかかる」という感覚。これを乗り越えられないから、始めることができない、という話なんですよね。でもこれってなんだかよくわからない。まずは、「自分が本当にやりたいことは何か」というのを考えて、決めて、すべてをそこに向けてやれば、迷う必要なんかないんじゃないでしょうか。

そこさえ決めてしまえば、今のぼくだったら仕事はWebディレクターなんですけど、Webをつくる仕事、またはインターネットサービスに関わる仕事をしていきたいので、今のままディレクターという職を極めたいのかとか、Webをつくれるもっと大きな企業にいくのかとか、LINEとかTwitterとかアプリやサービスの企業にいくのかとか、メディア系企業にいくのかとか、はたまた独立してそれをやりたいのかとか、そういう話になってきますよね。

こう言うと大げさで、「その道で生きることを自分で決めて、がむしゃらに生きていく」みたいに聞こえがちですが、そんなことはないと思います。自分が好きなことをとりあえずやってみて、徐々に形にしていけば、それでいいんじゃないでしょうか。とりあえずやってみれば、向き不向きもわかるし、仕事にするのが向いてなかったとしても「好きを深める」になるだけですよね。

なんでこんなこと言うかって、自分がそうしてきたからです。「若いうちにのぼる山を決めて、そこに向かって突き進む」ということができたら、それはもちろん格好のいいことだけど、それってやっぱりむちゃくちゃ難しいし、最初につまづいたらどうしたらいいの?って話じゃないですか。いつなんどきでも「やりたいこと」をやりたいように始めたらいいんじゃないのかなあと思うんです。それがアラサーだろうと、60代だろうと70代だろうとね。そんなこんなで今日も明日もWebつくってます。どうも、くいしん(@Quishin)でした。読んでくれた方ありがとうございました。ツイッター(@Quishin)はフォローお気軽に!


関連記事

最近バズワード化してる「上質な暮らし」がどこからキタか調べてみた。

最近よく聞きますよね? 「上質な暮らしってなんだろう」みたいな話。でも、その「上質な暮らし」って、そ

記事を読む

便利なものを使わないという選択と「一般の感覚」を忘れないということ。

ぼくはGoogleChromeプラグインをほとんど使いません。もちろん仕事上必要なときはあって、使う

記事を読む

no image

失敗した人を責めると何かメリットがあるのか。

失敗した人を責めるのってなんかメリットあるんですかね?  特に仕事。そういうときこそビジネスに必要な

記事を読む

no image

今の時代にブロガーが輝く3つの理由。新しい生き方! 働き方! 暮らし方!

前段長いです。特にくいしんのことをよく知らない方の場合は、「1」から読んでください。ぼくの中で大きな

記事を読む

no image

「ここではないどこか」を探していた時代は終わった。

漫画家の山田玲司さんがニコ生で言ってた2015年の総括が面白かった。山田玲司さんは『Bバージン』や『

記事を読む

大きい企業にいくか自分のやりたいことをやるか

くいしんです。自分はなぜだか就活目前の学生と話すことが多い。また、こんな適当に生きてきたぼくに対して

記事を読む

カフェインレスなライフのダイアリ

以下の記事を読んで「おっ」と思ったので即実行。どうも、くいしん(@Quishin)です。ぼくはとにか

記事を読む

92世代とは。

1992年 生まれる。バブル崩壊 1999年 幼稚園・保育園卒園、小学校入学 200

記事を読む

no image

85世代とは。

僕は1985年に生まれました。同学年の人は、3月まででみんな30歳になります。地元へ帰れば、みんな大

記事を読む

no image

最も重要なのは、信念だ

「ブログ、もうちょっとカジュアルにやれや、話が難しいわ」というご指摘を地元のマイルドヤンキーからうけ

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑