いい言葉をインターネットと紙に残して死ぬ。

公開日: : 最終更新日:2016/08/28 ライフ


生きる意味など別になくても構わないですが、それでも何故生きるのか、一生懸命仕事をするのかっていうと、ぼくの場合は「いい言葉を残して死にたい」という目的があるからです。それがWebサイトのコピーなのか、このブログのような文章なのか、それはいろいろあるんですけど、それはさておき、今日は「いい言葉を残して死ぬ」について書こうと思います。ナイフや拳銃よりも強いもの、それはペンであり、言葉だと思うんです。どうも、くいしん(@Quishin)です。

言葉は人を鼓舞させたり、落胆させたりします。言葉は人を輝かせ、人を殺します。人類史上最高の発明は、電気でも飛行機でもインターネットでも、はたまた宗教でもない。言葉なんじゃないかなとぼくは考えてます。

インターネットという「場所」の軸

インターネットで何か書くのはどういうことかというと、「場所を超える」ということだと思います。これはいつも言ってるやつですが、ツイッターは、レディ・ガガが世界の裏側にいても、その瞬間に直接本人に言葉を投げられる。

紙という「時間」の軸

「紙」と言ってもそれは雑誌や書籍ばかりではなく、もちろんいまちょっとだけ盛り上がってきているリトルプレスなんかもそうだし、あとは、「手紙」もこれです。このブログを読んでくれる方はIT/Web系の人が多いので、「紙なんてすぐに捨てちゃう」という人も多いかとは思うし、ぼくもそういうタイプですが、それでも、「ずっと手元に置いておきたい手紙」みたいなものは誰にでもあるわけです。一応言い訳しておくと元カノからもらった手紙とかではなくてね。あとは、たとえば、フジロックのタイムテーブルとかもとってある(さっき引き出しを片付けていて思った)。

時間を超えるのってインターネットじゃないの?

インターネットは場所を超えて、一瞬でそこにアクセスできるんだけど、実は紙のほうが時間を超える力は強くもっているだろうなあって思ってます。なぜかというと、それは歴史が証明しているというのもあるし、特に日本のように神道みたいな考え方がある国ではやはり「物質」というのはとても強いんですよね。

インターネットはよくも悪くも、データでしかないですから。データというのはふとした瞬間に消えてしまう儚いものなんですが、紙、または書物というのは、火事や洪水でいきなり手元からなくなってしまうことはあるにしても、基本的にはそこに在り続けるわけです。というわけで残り続けるためには、紙である必要があります。

さいごに

で、この両方を持ち続けることが重要だなあと思うわけです。やはりネットだけでは、時間を超えられない。時間を超えるためには、紙が必要だなあと。

ところで「いい言葉を残して死ぬ」というと、ひとりよがりに聞こえますが、そうではなくて、これは他人に対する無条件の信頼です。自分がいい言葉を残していけば、あとに残った人が、勝手にそれを読んで、何かしてくれたらいいなあという。

あとこれは完全に蛇足ですが、「超える」じゃなくて「越える」じゃないの?とか読んでくれた人が考えてくれてたら面白いなあと思いました。どういう意味かってのは、人それぞれに解釈してもらえればいいんですけど。どうも、くいしん(@Quishin)でした。読んでくれた方ありがとうございました。ツイッター(@Quishin)はフォローお気軽に!


関連記事

その世界平和ってやつ宇宙人が攻めてきたらどうすんの?

これ、頭いい人に教えて欲しいんですが、たとえば会社のある部署に人がいて。AさんとBさんがいます。Aさ

記事を読む

no image

むずかしく考えている。

結局、僕は何もかもをむずかしく考えている。むずかしいことなんか考えてない、すべてをシンプルに、簡単に

記事を読む

これからの生き方。

これからの生き方、働き方、暮らし方。最近は、いつもこのことを考えている。こういった言い様では他に「新

記事を読む

no image

抱負に「達成」という概念はあるのか。

2月の飲酒報告です。1ポイントは「飲み会・会食」、0.5ポイントは「ちょっと飲んだけどちょっとだから

記事を読む

部屋は人が住まないで空気を入れ替えないでいると悪くなるのよ

シロガネーゼを意識したタイトル。表題のようなことっていろいろあるよね。なんというか、「よどむな、動い

記事を読む

大きい企業にいくか自分のやりたいことをやるか

くいしんです。自分はなぜだか就活目前の学生と話すことが多い。また、こんな適当に生きてきたぼくに対して

記事を読む

「怖くないですか?」という問い。

新しいことを始める人に「え、挑戦ですねそれは。怖くないんですか?」という問いってありますよね? これ

記事を読む

「ムダではないこと」「意味があること」ってなんですか?

「これはムダ、これはムダじゃない」というジャッジを常にしながら生きている人っていますよね。「こんなこ

記事を読む

退屈と消費と、恋愛と2015年振り返り6月と7月。

昨日は2015年を5月まで振り返ったので、今日は6月から振り返りたい。 参照:テレビを購入し本

記事を読む

no image

スマホによって触覚が失われる。

トーチズメンバー(http://torches.jp)でいろいろ話してたんだけど「スマホによって触覚

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑