ツイッターのキュレーションで触れる話題と触れない話題。

公開日: : 最終更新日:2016/08/28 ライフ


それをキュレーションと呼んでいいのかは疑問がなくもないけど、そう言ってもらえることが多いのでここではそう呼ぶ。ツイッターで人様の記事をいろいろと紹介している。なるべく雑多で、いろんな人が楽しめたほうがいいと思ってる。そこに「こういうジャンルのものに限る」という明確な区分はない。本当は「フォロワーを増やすためには」という文脈で言うと、「こういったものに限る」にしたほうがいいんだけど。とはいえ、そんな中でも、「触れない話題」というのは決まっている。どうも、くいしん(@Quishin)です。

何に触れないのか、について「この話題とこの話題です」と言うのは難しい。その話題には、ここ(ブログ)でも同じく触れたくないからだ。ざっくり言えば「世間が、とある人の揚げ足を取っているように感じられる話題」とか、「汚い言葉が飛び交うケンカ」とかだ。

ネガティブな意見としてシェアするのは控えたい

何か一言、言ってやりたいという気持ちはわからないではないけど、「こんなクソ記事を書くようなヤツはどうのこうの〜〜」と言いながらリンクを貼ったり、その名前を挙げてしまう人がいる。それは避けたいことだ。また、そういった人に対して、このエントリで「そこでリンクを貼ったらてめえも同類だ!」と言うのは簡単だけど、そう言ってしまうと、それはそれで同類なのでやりたいことではない。

で、それはなんで?

それは、ぼくはインターネットの力を強くしていきたいからだ。ネガティブな感情が先行していては、絶対に、インターネットの力が強くなっていくことはない。「誹謗中傷や陰口が飛び交うインターネット」ではなく、もう少し穏やかで気持ちのいいデータのかたまりをインターネット上に増やしていく必要がある。

少なくとも、日本のいろいろなWebサイトのうち、目に映るものは、そういった温かいものばかりになったほうがいいと思っている。もちろん2ちゃんとか、ガス抜き程度に存在していてもいいとは思う。ちょっとだけ残念なことではあるけど、それによって救われる人がいることも否定はしない、ということだ。

「やらないこと」が重要

結局これはまとめると、「何をやらないか」が重要だって話と同様だ。「誰が何を言っていないか、触れていないか」というのは、ネットのリテラシーを考える上で大切なことでもある。「触れている話題」からではなく、「触れていないこと」からわかることも多い。

それで言うと、ぼくはなんとなく「強く断定する」ということをしていないかもしれない。インターネットの文章は何かと「強く断定することがよい」とされがちだけど、ぼくは、そうは思ってない。

「AかBだったらBだ」と断定することによってこぼれ落ちてしまう「A派」の人々の想いがある。それを加速していくことは、世の中がよくなることじゃあない気がしている。

そうやって断定することは、インターネット的でもない。インターネット的とはこの場合、「Bばかり目立つけど、Aもこんなにいいところがあるよね」という視点のことである。

ぼくは少なくともいまは、インターネット的に生きたいというわけだ。どうも、くいしん(@Quishin)でした。読んでくれた方ありがとうございました。ツイッター(@Quishin)はフォローお気軽に!


関連記事

最近バズワード化してる「上質な暮らし」がどこからキタか調べてみた。

最近よく聞きますよね? 「上質な暮らしってなんだろう」みたいな話。でも、その「上質な暮らし」って、そ

記事を読む

no image

たまには「徹底的にひとりになる時間」をつくったほうがいい。

東京という街にいると「あー、誰か空いてないかな。ちょっと一杯だけ飲みに行きたいな」なんてことを思って

記事を読む

ビールが美味い。

ビールはすごく美味しい。わからない人にはわからないものらしいけど、自分にとってビールはすごく美味しい

記事を読む

no image

「生き方が面白い人」が紹介されてるの見ると、だいたい俺のが面白い生き方だなあって思う。

これ、「何をお前、生意気なことを言ってるんだ」って話ではなくて、「自分のことは、自分がいちばん忠実に

記事を読む

92世代とは。

1992年 生まれる。バブル崩壊 1999年 幼稚園・保育園卒園、小学校入学 200

記事を読む

no image

「ここではないどこか」を探していた時代は終わった。

漫画家の山田玲司さんがニコ生で言ってた2015年の総括が面白かった。山田玲司さんは『Bバージン』や『

記事を読む

任天堂の岩田さんが亡くなったことと死が生を輝かせるという幻想について。

他人の考えをつかまえて「間違っている」と言うのはあまり好きではない。しかし、もしあなたがこのエントリ

記事を読む

いい言葉をインターネットと紙に残して死ぬ。

生きる意味など別になくても構わないですが、それでも何故生きるのか、一生懸命仕事をするのかっていうと、

記事を読む

no image

最も重要なのは、信念だ

「ブログ、もうちょっとカジュアルにやれや、話が難しいわ」というご指摘を地元のマイルドヤンキーからうけ

記事を読む

no image

ありのままの現状を肯定できないこと。

なんでみんなありのままの自分の現状を肯定できないんだろう。ありのままの現状を肯定したら怒られるような

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑