ウェブメディアやブログに特別な思い入れがあるなら今が「ウェブ文化人の時代」だと意識したほうがいい。

公開日: : 最終更新日:2016/08/28 インターネット


ウェブ上で「ライターになりたい」「編集者になりたい」とか「コラムニストになりたい」とかって、どっちがどうとかミクロなこと言ってる場合じゃないですよ。みんなで一緒にがんばろうぜ! どうも、くいしん(@Quishin)です。

「ウェブ」とか「インターネット」で、あっちがいいとかこっちが悪いとかやってる場合じゃないんですよ。インターネットメディア業は、今のいわゆるマスメディアがいるところまでさっさと到達して、その何割か取って、最大派閥にならなきゃ、現状のねじれ現象は解消できない。ねじれ現象ってのは、マスメディアがテレビCMに注ぎ込む大金に比べて、ネットメディアに当てる金額が小さい、とかそういう話です。

ウェブ文化人

テレビ放送が始まった頃、それまであった「出版文化人」に対して「放送文化人」という定義が生まれたんです。たとえば、60年安保の頃、石原慎太郎、寺山修司、大江健三郎、谷川俊太郎、江藤淳、浅利慶太、永六輔(敬称略)なんかが「若い日本の会」を結成したらしいんですけど、このメンツを見れば如何に出版文化人が時代をつくっていたかってのは容易に想像できますよ。

それが「時代の先端」や「流行発信地」として機能していた。その後、テレビの時代がきたことは説明するまでもないと思うんですけど、今はそれが間違いなく「ウェブ文化人」に移り変わろうとしているフェーズです。今年、2016年は、それが明文化されていく年です。

2016年はデジタルコンテンツがめちゃくちゃ面白くなる年

年明け早々から、リリース以来のnoteブーム、有料noteブームがきていることもそうです。それに対して「有料コンテンツってのは〜〜」とか言ってるのとか本当にどうでもいいことなんです。如何に出しまくれるか、そこで何をやれるか、本当にこれだけです。

ワイドショーのコメンテーター

はあちゅうさんややまもといちろうさんがワイドショーのコメンテーターをやっていることから見ても、この流れは圧倒的です。おふたり共、ウェブ、またはブログを使って今いる場所に立っているわけです。津田大介さんもそうです。津田さんは元を辿れば「ナタリーをつくった人」ですけど、そういうサイトをつくった人がこれからの時代をつくっていく人たちなんです。

もちろん、これからは、ここで言う「ワイドショー=テレビ=最も多くの日本人が接するメディア」を、ウェブに引っ張ってこようぜっていう話です。何割かをもらうんです。

だからこそ、「ウェブのライターが〜」とか小さな話で小競り合いをやってるんじゃなくて、もっとその先を意識してやらなくちゃいけないタイミングです。肩書きがブロガーかどうかとか、気にしてる場合じゃないんです。

どうも、くいしん(@Quishin)でした! 最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました!


関連記事

no image

「歓喜」とは何か。まだ観てない人は人生損している歓喜の動画3つ

「歓喜! 歓喜!」と言っていた時期がありまして具体的には3年前くらい、震災がある少し前くらいのと

記事を読む

【随時更新】ツイキャスやった日リスト

今後増えるかもしれないので、来るべき未来に向けてまとめてみた。 2015年11月7日(土)

記事を読む

no image

イケてないウェブメディアや編集・ライターは不要なのか。

今って、フェスがすごく流行してますよね。いわゆる「夏フェス」とかって呼ばれる音楽イベントで、大きなや

記事を読む

no image

キュレーションって単語で考えてみる世界で一番簡単なジャーナリズムの説明

佐々木俊尚さんの『キュレーションの時代』を読んだ頃に「キュレーション」という言葉に感じたことと、今、

記事を読む

『マグロ、釣りました。』VS『会社は学校じゃねぇんだよ』

メモ。入江さんの本、買おう。。 コントラストが面白い。 ネギシクラブ『社長が落ちる接待力』

記事を読む

「スマホ対応」「スマホ対策」って言い方もう止めませんか!?

ホームページをリニューアルするときに、「スマホ対応」という言葉を使うことがあるんです。Twitter

記事を読む

【2016年2月3日】ツイキャスしたので内容をまとめてみた

2016/02/03 参加者:鳥井弘文xしもつーxくいしん 最大同時視聴者数:19人 場所:渋

記事を読む

no image

俺のドメインは俺のドメインのままの見た目でツイートしたいんだ!って話。

BufferとかはてなでツイートするとURLがそのサービスのURLになっちゃうじゃないですか。それっ

記事を読む

no image

「本日は、今から6年後 = 2020年の インターネットビジネスについての話をします」

InternetBusiness in 2020 ( Japanese Edition )

記事を読む

no image

「有料メルマガ勢」と「有料note勢」どちらが頭がよく見えますか?

タイトルの通りなんですけど、たぶん、タイトルの意味がわかる人はみんな「そりゃ有料メルマガ勢だよね」っ

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑