テキストによるコミュニケーションの価値が上がったこの10年間。

公開日: : 最終更新日:2016/08/28 インターネット


2016年を迎えたということで、「2015年」のことだけじゃなくて、この10年間のことも書いておきたい。どうも、くいしん(@Quishin)です。

2015年を終えるときに思ったのは「2010年代」の半分が終わった、ということ。僕はたぶん音楽やカルチャーが好きだからってのが大きいと思うのですが、「60年代の◯◯カルチャー」「90年代に流行した◯◯」のように物事を捉えていく人なんです。ファッションでも、「60’s風の◯◯」とかって言うじゃないですか。それです。

で、2015年ということは、その「半分が終わった」ってことなんです。1985年に生まれたので、この「10年間の真ん中」についてよく知っておくと、自分が何か考えるときにいいんじゃないかなあと思ってこのたび考えてみた。英語だと「ディケイド(decade)=10年間」という言葉もあるくらいなので、そうやって考えることは重要な気がしてる。

2006年から2015年

10年前はそこまでそういう考え方をしていなかったので「2006年から2015年の10年間」という風に、10年の真ん中から10年間のことを考えるのは初めてだ。ここでいきなりだけど、BuzzFeed JAPNの嘉島唯さんのツイートを引用させていただきますね。させていただく姿勢です。。

これです。本当にこれです。

ネットメディアも同様

嘉島さんは「オタク」という言葉で語られていますが、これは、電車男によって「2ちゃんねる」が一般層にまで伝わったという点から考えると、インターネットメディアのカルチャーが世の中に認知されて10年とも置き換えられるんじゃないかなあ、と。

そこからFacebookやTwitterはもちろん、iPhoneとスマートフォン、タブレットの登場などあって今に至るわけですが、これらによって、2015年(または2014年?)からのオウンドメディア、ウェブメディアブームが発生した。

(広義の)ウェブメディアなんてのは、2015年で、やっと10年かけて広い認知から定着につながり始めたばかりのジャンルなんですよね。改めてそんな、生まれたばかりのインターネット(とそのメディア)でこれから何をやるか考えるときには、本当に本当にフラットにものを考えなくてはいけないなあと思う。

この10年で一番変わったこと

オタクに社会的地位が与えられ、インターネットのメディアが認知されたこの10年で一番変わったことはなんだろう。それは特にウェブ上の、テキストによるコミュニケーションの重要度が上がったことだと思う。これはそのどちらにも言える。

オタクは部屋にこもってネットをやってたけど、ライトオタクはそれをツイッターで外でもできるようになった。メールからLINEに移行して、コミュニケーションとしてのテキストのやりとりは、より重要になった。インターネットメディアの地位が確立して、誰でも本や雑誌をつくれるようになったし、「書くこと」や「書けるスキル」の地位が同時に上がった。

最終的に何が言いたいかって、自分にとって、ラッキーな時代になってきたなーってこと。どうも、くいしん(@Quishin)でした! 最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました!

追伸1
なんだかんだインターネット話に終始しちゃったけど、もう少しカルチャー視点でも考えたいものです。。

追伸2
カレーライスが食べたい。これはずっと変わらない、日本人の欲求だなあ。


関連記事

no image

ウェブメディアやブログに特別な思い入れがあるなら今が「ウェブ文化人の時代」だと意識したほうがいい。

ウェブ上で「ライターになりたい」「編集者になりたい」とか「コラムニストになりたい」とかって、どっちが

記事を読む

no image

「本日は、今から6年後 = 2020年の インターネットビジネスについての話をします」

InternetBusiness in 2020 ( Japanese Edition )

記事を読む

チェコさんとのツイキャス後記〜日本の批評はまだ生きているか〜

いやはやとんでもない硬いテーマでしたね。マジで聴いてくれる人が2、3人しかいないんじゃないかとビビッ

記事を読む

【2016年2月3日】ツイキャスしたので内容をまとめてみた

2016/02/03 参加者:鳥井弘文xしもつーxくいしん 最大同時視聴者数:19人 場所:渋

記事を読む

no image

「歓喜」とは何か。まだ観てない人は人生損している歓喜の動画3つ

「歓喜! 歓喜!」と言っていた時期がありまして具体的には3年前くらい、震災がある少し前くらいのと

記事を読む

no image

キュレーションって単語で考えてみる世界で一番簡単なジャーナリズムの説明

佐々木俊尚さんの『キュレーションの時代』を読んだ頃に「キュレーション」という言葉に感じたことと、今、

記事を読む

no image

「このサイトの記事はシェアしない」となんとなく思うこと。

新しいウェブのメディアが出てきたとき、またはそれを見つけたとき、「このサイトの記事はシェアしないだろ

記事を読む

【随時更新】ツイキャスやった日リスト

今後増えるかもしれないので、来るべき未来に向けてまとめてみた。 2015年11月7日(土)

記事を読む

no image

ブログやnoteやツイッターで書いたものをなんと呼ぶか。

僕はこれには明確に答えがあって、ブログは「エントリ」、noteは「note(ノート)」、ツイッターは

記事を読む

当時マイミクだったふたりがTwitterで会話してた。

ぼくはTwitterが好きです。どのSNSよりも、どのWebサービスよりも好きです。一番触っている時

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑