「挫折」について語られることは多いけどそれは本当は「喪失」のこと。

公開日: : 最終更新日:2016/08/28 お仕事


「何に挫折したか、どこでどうやって挫折したか」またはよく面接なんかで重要だと言われる「その挫折をどう乗り越えて今に至るか」なんてのは実はあまり重要じゃない(もちろん一緒に仕事をする上でそれを聞くというのはわかるけどね)。どうも、くいしん(@Quishin)です。

「挫折体験」よりも「喪失体験」

本質的には挫折自体ではなく「挫折に伴う喪失」がその人を形作る上で重要なポイントだって話です。よく「こういう挫折体験があるから、こうなりました」って話を聞くけど、それは本当は挫折がどうこうじゃないんですよね。それによって何を失ったのかという話なんです。

簡単に言えてしまうことではないから、言い方が難しいけれど、たとえば、幼い妹を失って、それが今の自分をつくってる、幼い頃に親を亡くした影響が自分の性格に影響してる、なんていうがまさにそうだ。実際に僕の周りにも自身でそうやって言う人はいる。ここに挫折はなく、喪失だけがある。

ああ、ここまで書いて思ったけどこれはインタビュー論、人に物を聞くときに考えたいことなんだなあ。挫折したこと自体ではなく、挫折に伴った喪失。それはたとえばなんなのか。それはたとえば、「夢」とか「なりたかった自分」とか「思い描いた未来像」を失ったということだ。そういった喪失は人を強くする、と、一般的にはされている。その「喪失」を探るのは、誤解を恐れずに言えば、とても面白いから、みんな魅せられてしまう。

どうも、くいしん(@Quishin)でした! 最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました!

追伸1
壮大な言葉遊びだなこれ。。

追伸2
いやしかし、もう少し何かを言いたい。

追伸3
これは世代の話にもつながると思う。

追伸4
失われた10年、または20年に生まれた今の25歳以下は、すべてを失った何もない時代を生きてきた(とかっていうよね、大人はね)。

追伸5
後付けの喪失ではなく、喪失の中に生きてきた。だから、強い。

追伸6
だけど本人たちはそんなこと知らず飄々としているけどね…。


関連記事

「夢を与える」と同じくらい「夢を諦めさせる」は重要。

漫才の大会でM-1グランプリというのがあるんですが、最初の10年の主催者である島田紳助さんは

記事を読む

by U-NOTE【ユーノート】高収入者に共通する3つの生活習慣について書きました。

高収入者に共通する3つの生活習慣 U-NOTE【ユーノート】 http://u-note.me/

記事を読む

no image

こっそり寄稿していたnomooo pressの記事10

10記事。 一気飲みだけじゃない!最近話題のテキーラ! 果たしてぬるいビールは本当に美味

記事を読む

no image

会社員とフリーランスどちらが偉いか。あらゆる境界が曖昧に

このエントリは、これからの時代は「どっちがいいか」って話はあんまり重要ではなくなっていくよね、ってい

記事を読む

早くやる/自分で勝手に選べ/多種多様

早くやる いますぐにやるか、死ぬかしかない。僕は本当にワガママに、今自分がもっともやりたいこと

記事を読む

no image

秋元康に学ぶ「続けること」が圧倒的に重要なのは、タイミングが合う瞬間が絶対に訪れるから。

タイトルは敬称略。「何かを毎日続けること」って、すごく難しいけど、それだけ重要なんですよね。どうも、

記事を読む

小田原や大磯にもコワーキングスペースがあったので共有したい @93puku @OISO1668

僕は正直言って、あれが嫌いです。「最近なんか面白いことないの?」っていうやつ。どうも、くいしん(@Q

記事を読む

「コント社会人」という感覚。

「人生は大喜利だ」というのはぼくが言った名言ですが(猛爆)、「コント社会人」という感覚ってありません

記事を読む

「カウンターカルチャー」ってなんだか知ってる?

さっきこんなツイートしてまして。 カウンターカルチャーって単語が出てきた。気になるワードを放り

記事を読む

no image

仕事、職業、はたらく会社を選ぶ基準。

初めて就職した出版社が元々一番入りたい会社で、周りの仲間には編集を志した当初から「あの会社が第一志望

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑