名刺を整理・管理していない。

公開日: : 最終更新日:2016/08/28 ライフ


名刺を整理していないし、管理もしていない。仕事でもそうだし、プライベート?というかプライベートワーク的なときに交換したものもすべてそうだ。だいたいあれは管理すると何かメリットがあるんだろうか。どうも、くいしん(@Quishin)です。

とはいえ、一応、「すぐに仕事をする人」と「その他」では分ける。今回の案件ではよろしくお願いします、ということで名刺交換をした場合は、そりゃすぐにメールアドレスやら電話番号が必要になることもあるだろうから、これは分けておいたほうがいい。ただそれも、打ち合わせのあとに御礼のメールを送って、メールの署名に携帯電話の番号があれば、不要になる。そこだけ確認したら、おまとめフォルダにゴーする。

どうやってまとめてるか? これには明確な答えがあって、「元々新しい名刺を収納するために用意された100枚くらいの名刺が入る箱」に交換した名刺を入れていくだけ。丁寧にやりたいなら「2015年8月〜2016年2月」とかってメモを入れてもよさそう。やってないけど。

「もらった名刺は箱に収納して終了」だ。これ以上何をどう整理したらいいのかわからない。大昔に、名刺を入れられるファイルとかに入れてた時期もあったけど、あれは本当に滅多に開くことがなく、ほとんどムダだと気づいたのでもうやってない。

時代は進んで近頃は特に、FacebookのMessengerやLINEで連絡を取ることも多いから、本当に名刺の重要度は下がったと思う。ただそれでも僕は「名刺なんかいらねえ」というIT界隈に古くからはびこる論にはあまり賛成しない。

名刺はやっぱり、なんだかんだ言っても「交換した瞬間、その場をつなぐ」という効果を強くもっている。「へえ〜〜、事務所が◯◯なんですね! オシャレですね〜」とかっていうのがそれだ。「紙のムダだ、やめちまえ」という人も多いかもしれないけど、僕はそれだけのために名刺があってもいいって考えてる。

「自分という存在を紙に焼き付けること」って、名刺がないとそうそうやる機会ないしね。

どうも、くいしん(@Quishin)でした! 最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました!


関連記事

便利なものを使わないという選択と「一般の感覚」を忘れないということ。

ぼくはGoogleChromeプラグインをほとんど使いません。もちろん仕事上必要なときはあって、使う

記事を読む

「好きなことを仕事にする」はコストがかからないし最高です。

ぼくはこれまで高校を卒業してから吉本興業(当時)のNSC東京でお笑い芸人見習いをやったり、音楽雑誌の

記事を読む

退屈と消費と、恋愛と2015年振り返り6月と7月。

昨日は2015年を5月まで振り返ったので、今日は6月から振り返りたい。 参照:テレビを購入し本

記事を読む

no image

たまには「徹底的にひとりになる時間」をつくったほうがいい。

東京という街にいると「あー、誰か空いてないかな。ちょっと一杯だけ飲みに行きたいな」なんてことを思って

記事を読む

「これがわたし!」って現状に満足している風を装っていませんか?

「これは無し、これは無し」って、知らず知らずのうちに自分の中から切り捨てていってるものってたくさんあ

記事を読む

「怖くないですか?」という問い。

新しいことを始める人に「え、挑戦ですねそれは。怖くないんですか?」という問いってありますよね? これ

記事を読む

その世界平和ってやつ宇宙人が攻めてきたらどうすんの?

これ、頭いい人に教えて欲しいんですが、たとえば会社のある部署に人がいて。AさんとBさんがいます。Aさ

記事を読む

重要なのはどこを見てやってるか

もちろん「今、何をやっているか」ってのも重要だと思う。だけど、それと同じくらい「どこを見てやっている

記事を読む

大きい企業にいくか自分のやりたいことをやるか

くいしんです。自分はなぜだか就活目前の学生と話すことが多い。また、こんな適当に生きてきたぼくに対して

記事を読む

これからの生き方。

これからの生き方、働き方、暮らし方。最近は、いつもこのことを考えている。こういった言い様では他に「新

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑