「有料メルマガ勢」と「有料note勢」どちらが頭がよく見えますか?

公開日: : 最終更新日:2016/08/28 インターネット


タイトルの通りなんですけど、たぶん、タイトルの意味がわかる人はみんな「そりゃ有料メルマガ勢だよね」って言うと思います。これ、どっちが実際に知力が上か下か、頭がいいかどうかなんてことはどうでもよくて、そう感じさせる理由がなんなのかってところが重要なんです。どうも、くいしん(@Quishin)です。

コンテンツの中身は「共に考える」へ

参照:メディアを運営する上で「共に考える」を大切にしたい。 – 隠居系男子

参照:「教える」という行為は、そろそろオワコンだと思う。 – まだ東京で消耗してるの?

詳しくは上記の3記事を読んでもらえると嬉しいんですが、今の時代、ステージ上から聴衆に偉そうに訴えかけるなんてことは、もう古いんですよ。きゃりーぱみゅぱみゅの普段の言葉をツイートとして見ている僕らは、そんなのかったるくてやってられないわけです。天井裏書房に書いた話で言えば、オーディエンスと演者の距離は、20年前と10年前と今では、全然違うよって話です。

参照:ライブの主役はミュージシャンだけどフェスの主役は来場者。

「教える」から「共に考える」にコンテンツが変容していく時代に必要なのは、圧倒的な知力ではなく、共感力や壇上から降りて近くで共に語らえる親近感なんです。または、それを感じさせる距離感の作り方の上手さです。

タイトルで言ってるのは、数年前に流行った有料メルマガやってた人たちは頭よかったけど、有料noteのやってる人たちはバカだよね、って話ではなくて、この、距離感の作り方が非常に上手い人たちだと言っているわけです。

つまり、はあちゅうさん・イケダハヤトさん・梅木雄平さんのことなんですけど、このお三方の共通点として、Synapseでオンラインサロンをもっているという点があります。オンラインサロンによって、読者(またはファン)と、いい距離感をもっているからこそ、このお三方は有料note第一次戦争を制していて、2016年のウェブコンテンツメーカーの中心であるかのように語られるわけですね。

どうも、くいしん(@Quishin)でした! 最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました!


関連記事

no image

「このサイトの記事はシェアしない」となんとなく思うこと。

新しいウェブのメディアが出てきたとき、またはそれを見つけたとき、「このサイトの記事はシェアしないだろ

記事を読む

『マグロ、釣りました。』VS『会社は学校じゃねぇんだよ』

メモ。入江さんの本、買おう。。 コントラストが面白い。 ネギシクラブ『社長が落ちる接待力』

記事を読む

no image

フリーの紙のベテラン編集者さんに人材がWebに流れてくるタイミングを聞いた

先日、昔からお世話になっているフリーの編集者大先生と電話で話した。どうも、くいしん(@Quishin

記事を読む

WordPressを使って独自ドメインのブログをやるのは変態のやること。

WordPressでブログをやるってなんなんですかね。WordPressでブログなんかやったって、そ

記事を読む

no image

俺のドメインは俺のドメインのままの見た目でツイートしたいんだ!って話。

BufferとかはてなでツイートするとURLがそのサービスのURLになっちゃうじゃないですか。それっ

記事を読む

【8月から12月】2015年の振り返り。

2015年の振り返り。8月。映画『MADMAX』を観た。今年ベスト映画だ。夏から秋にかけて仕事が比較

記事を読む

no image

キュレーションって単語で考えてみる世界で一番簡単なジャーナリズムの説明

佐々木俊尚さんの『キュレーションの時代』を読んだ頃に「キュレーション」という言葉に感じたことと、今、

記事を読む

【随時更新】ツイキャスやった日リスト

今後増えるかもしれないので、来るべき未来に向けてまとめてみた。 2015年11月7日(土)

記事を読む

インターネットに対する根源的にいやなこと #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け

表題の件、「2015年、ウェブメディア界新卒最高峰の男」こと、しもつーこと下津曲浩さんよりバトンを受

記事を読む

no image

「本日は、今から6年後 = 2020年の インターネットビジネスについての話をします」

InternetBusiness in 2020 ( Japanese Edition )

記事を読む

  • inkyodanshi21_hyoushi
PAGE TOP ↑